2017年9月22日 (金)

仕事では、『これをしなきゃ!』、『あれも片付けなきゃ!』って感じで居るけれど、家では自分のフェミニンな部分に切り替えて、エヴァンのマスキュリンな性質を目覚めさせるようにしているわ。自分の感情に素直になって、穏やかな気持ちで身を委ねるの。(ミランダ・カーさん)829,109円

KODANSHA JOSEISHI.NETが『with』の記事『新婚ミランダ・カーが伝授。ずっと愛されるための結婚生活のルール3つ』を紹介していた。『ルール1:彼の前で女としての緊張感を忘れない』『ルール2:彼が男らしさを発揮できるよう女らしく居ることを心がける』『ルール3:彼のアドバイスに耳を傾け、頼りにする』。前提:ミランダ・カーだってこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

仕事を終えて、セロテープで補強した眼鏡のまま電車に乗った。特に誰も笑わなかった。(庭師さん)7,273,792円

温い呼気に包まれるような切なさ。泣くに泣けない惨事の連鎖をmixi日記に吐き出していた。朝、電車でドアのそばに立っていたら降りる人にぶつかられ、その拍子に眼鏡がホームにすっ飛び変な形に曲がったので元に戻そうとしたら真ん中からポキッと折れたそうだ。気の毒だと思っても手を差し伸べたり声を掛けたりできない類の不幸なので仕方ない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

子役出身で通訳を経験した人間もなかなかいないと思うので、今後は自分の強みとして、旅番組のリポーターや、海外の人に向けて日本を紹介する動画なんかにも挑戦してみたいです。(宇野なおみさん)5,252円

合理的な展望。『渡る世間は鬼ばかり(TBS)』で天才少女役を演じた女性が日刊ゲンダイDEGITALで。「子役である私がNGを出すわけにはいかなかったんです」とセリフの暗記で鍛えられながら小・中学生の時は撮影の待ち時間などにコツコツ勉強、独学で受験勉強に励み、高卒認定試験経由で早稲田大学に現役合格したそうだ。できる人はできるもの。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

この曲は過去の私と、過去の私と同じような考え方をしている人たちへの説教ソングかもしれないです(笑)。(柴田淳さん)7,210,714円

ニューアルバム『私は幸せ』の1曲目『理由』についてOKMusicのインタビュー記事で。「周りの人に“かわいそうだね”と言ってもらえることがその時は嬉しかったけど、それでは何の解決にもなってないし、同情されることがどんなに惨めかも歳を重ねるごとに分かってきて…」という感覚が反映されているらしい。売れた影響による心境変化かも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

日本人はいつまで、自分たちは外国に引けをとらないか、なんて考えるのかな。日本の、特に東京のバレエはマーケットの大きさも含めて、完全に世界とイコールなのに。(熊川哲也さん)439,029円

NIKKEI The STYLE/pioneer Interviewでのコメント。バレエの世界で欧米の一流ダンサーと肩を並べた実績を持つが今は「踊りたい気持ちはあるけど、芸術監督や経営者として責任がある」「時々思うよ。もしフリーだったら、世界中を旅して自分探しをして、いろんな民族舞踏を習って新作を作るのかなあって」等々、バレエに対する使命感を漲らせていた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

夕食は週の半分は自宅、残り半分は新橋でビールとともにという感じ(笑)。(佐藤栞里さん)7,234,101円

FRaU』でのコメントをKODANSHA JOSEISHI.NETが紹介していた。「『三政』の串焼きはボリューム満点」「同じく新橋にあるラーメン屋『しお丸』」にも1年中通っていますね」のほか麻布十番の洋食店『エドヤ』、恵比寿の『CINE New Modern Chinese』とかを絶賛していた。この情報、目にしたのが2315。仕方ない、今宵はラーメンで我慢するか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

席がないけど教室にいるみたいな。珍しい存在ですよね。(板尾創路さん)77,189円

壇蜜評。テレビ埼玉、Kawaiian TVの新番組『板尾壇(談)』収録後の会見でのコメントをモデルプレスから。壇蜜さん主演映画『私の奴隷になりなさい』のヒロインをSM調教する先生役での共演オファーを受けた当時は壇蜜さんのことを知らず、顔合わせをした際には「空気が全然違う人」だと感じたそうだ。教室には座敷童みたいな人がいるものだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

最初この役をいただいた時は、“お前にできるのかよ、この役を”と見られていたと思います。それは、痛いほど感じていました。(武井咲さん)8,410,184円

『黒革の手帳(テレビ朝日)』の打ち上げでの挨拶を女性自身から。「私にも、(演じた)元子のような野心というか野望が舞い降りてきて、元子という役を通して世の中にぶつけられたらとすごく痛快で、こんな気持ちのいいことは初めてでした。この役をやったことで、一つ上のステージに行けたんじゃないかと思ってます」とのこと。めでたしめでたし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

もうちょっと上手にできなかったのかしら。ドラマで何度もそういうシーン演じてらっしゃるんですから。(夏樹陽子さん)1,009円

ごもっとも。『バイキング(フジテレビ)』で不倫騒動の消化不良感を解消してくれた。「もうちょっと真面目に演じてらしたら、こういう方法もあったなとか…」「私もそういうドラマ、サスペンスを演じてきたじゃないですか。密会とか。そういうのを参考にしたら?」と茶化した。その類の役柄歴では一線級の夏樹さんの秘密を暴く作業はコスパが悪い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

チームメイトが私以上に私を信じてくれた。このチームに来て良かった。(藤沢五月選手)40,110円

古巣の中部電力を制して平昌冬季五輪出場を決めたカーリングLS北見の司令塔が岩手日報『時の人』に登場。14年春、北見市へ帰郷した際に五輪出場歴のあるLS北見の本橋麻里主将と会食、相談するうちに気持ちが傾き、翌年の日本選手権で6位に沈むと中部電力を退部、故郷で心機一転を図ったとのこと。会食は『はっちゃき』で塩焼きそばあたりか? 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧