« 私は普段、お風呂にまでポータブルテレビを持ち込むほどのテレビっ子なので、ちょっとショックで(笑い)。(笛木優子さん)1,001円 | トップページ | 何色にでも染まれる透明です。(岡崎紗絵さん)1,890,104円 »

2018年12月30日 (日)

西城秀樹のカヴァーは、恐ろしく古く感じる。 なんでだろうか。本家の方が時代は古いのに、新しい。 この差はなになのだろうか?(庭師さん)2,315,710円

Queen Don't Stop Me Now西城秀樹のカヴァーをmixi日記で比較のみ。検証はせず聞き手に委ねていた。根拠の切り口は楽曲のテイストのほかに歌い手が纏っている時代観なんてのもあると思う。西城秀樹は昭和終盤のスターアイコン、Queenは現役感が継続している、と思う。秀樹と希林さんさくらももこさんが同じ年に亡くなったのは運命的。

|

« 私は普段、お風呂にまでポータブルテレビを持ち込むほどのテレビっ子なので、ちょっとショックで(笑い)。(笛木優子さん)1,001円 | トップページ | 何色にでも染まれる透明です。(岡崎紗絵さん)1,890,104円 »

コメント

とはいえ、フレディことファルーク・バルサラさん177センチが亡くなったのが1991年、西城秀樹さん181センチが亡くなったのが今年。オリジナルの「Don't Stop Me Now」がリリースされたのが1979年。西城さんがカヴァーしたのが、なんと同年の後楽園スタジアムにて行われたライヴにおいてだ。この様子は、「BIG GAME'79 HIDEKI」というライヴアルバムになっている。クイーンの曲はもう一つ、「We Will Rock You」。これもYoutubeにアップされている。もちろんこっちも古臭い。既成の曲をカヴァーするということは、その曲に対する批評行為でもあると言ったのは、ブライアン・フェリーだが、西城秀樹のカヴァーは批評行為というより、脱亜入欧みたいな日本の音楽の後進性を感じさせる。GSが洋楽をカヴァーしていたのと変わらない。同じカヴァーでも「ヤングマン」ほど自分のものにしていない。ちなみに西城版「ヤングマン」も1979年の2月の発売だ。

投稿: 山田べにこファンクラブ幕川温泉支部長補佐 | 2018年12月30日 (日) 08時13分

山田べにこファンクラブ幕川温泉支部長補佐さんはガム市場縮小の要因は公共の場からのクズ籠撤廃にあるとコメントしてないけどそう思っているに違いないと確信しつつ噛み終わったガム鵜呑みのめくら判で採点します。
A1「フレディはファルーク・バルサラさん」〇
A2「フレディは身長177センチ」〇
A3「1991年没」〇
A4「西城秀樹さんは身長181センチ」〇
A5「2018年没」〇
A6「オリジナルの『Don't Stop Me Now』がリリースされたのは1979年」〇
A7「同年西城さんがカバー」〇
A8「なんと・・・中略・・・2月の発売だ」〇勉強になりました
A9「『I Was Born To Love You』はドラマ『プライド』のヒロイン竹内結子さんをイメージさせる曲なのだ」〇
A10「『Crazy Little Thing Called Love』が主題歌の『ナニワ金融道』には深津絵里さん篠原涼子さん石田ひかりさん瀬戸朝香さん加藤あいさん池脇千鶴さんがキャスティングされていたとwikipediaで調べた」〇
以上100点。竹内結子さん単独in野天湯よりも『ナニワ金融道』祭りのほうが強そうですね〇

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年12月30日 (日) 11時07分

考えてみればフシギなハナシですが、おっしゃることはよーくわかります。
一方で宇多田ヒカルのautomaticなんて20年たっても古びた印象は感じないのはワタシだけでしょうか?

西城秀樹の全盛時代にはカゲもカタチもなかった澤真希さん。
なんとなく、ワールドカップ女子サッカーで優勝して国民栄誉賞もらった方と間違ってしまうような名前ですが、わざとでしょうか?
いろんな場でネタにされたり自らネタにしたりしてるかもしれません。
ちょっと旬は過ぎたネタかもしれませんけど…。
澤さんにおかれましては、このまま地道に女優を続け、60年後くらいに文化勲章程度を受賞することを目標とし、伝統芸能を勉強しつつ、末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 徳川yeah!康 | 2018年12月30日 (日) 18時22分

徳川yeah!康さんがいくつになっても魅力的であること、そのワケを突き詰めれば今回の疑問の答えに辿り着けるかもしれません。「徳川yeah!康さんですか?知ってますよオホーツクで暗礁に乗り上げているアザラシ男ですよね。古臭いどころか新しく感じます。ワタシ調べではワタシが抱かれたいアザラシ男ランキング第一位です」なんて感想を述べてしまう牝アザラシもいることでしょう。
ところで宇多田ヒカルのautomaticがヒットした頃、私は過酷な労働に苦悩し続けていたため今でも曲が聞こえると吐き気がします。名曲なのに残念です。
澤真希さんと澤穂希さんは字面がそっくりです。ネタにされたりしたりは当然でしょう。でも芸歴からは地味な性格だろうと思われます。
予想を裏切る大胆な体当たりで度肝を抜かれるのもやぶさかじゃないとこちらの覚悟を示しつつ澤真希さんの課題クリアです。次の課題も『真』つながりで祐真キキさんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年12月30日 (日) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西城秀樹のカヴァーは、恐ろしく古く感じる。 なんでだろうか。本家の方が時代は古いのに、新しい。 この差はなになのだろうか?(庭師さん)2,315,710円:

« 私は普段、お風呂にまでポータブルテレビを持ち込むほどのテレビっ子なので、ちょっとショックで(笑い)。(笛木優子さん)1,001円 | トップページ | 何色にでも染まれる透明です。(岡崎紗絵さん)1,890,104円 »