« (街を歩いていて人と)ぶつかって“人格”が入れ替わっちゃったら大変なんで、人とぶつからないように歩いてます。(市川紗椰さん)4,410,210円 | トップページ | 本当だったら一緒に踊りたいところなのですが。(阿川佐和子さん)5,027,110円 »

2018年8月24日 (金)

80年代の音楽は不滅。すてきなことが起きるワクワク感や胸騒ぎをこれからも歌いたい。(杏里さん)1,001,006円

80年代のサウンドを前面に出したアルバム『ANRI』の発売絡みで岩手日報『バックステージ』に登場。「明るく開放感のある当時の音楽を聴けば、前向きな気持ちになれる。今までわりと命懸けで音楽をやってきて、もっともっと高い山を目指していきたい。レジェンドをつくりたい」と華やかな笑みでさらりと言ったそうだ。イケイケスレンダーマダム健在。

|

« (街を歩いていて人と)ぶつかって“人格”が入れ替わっちゃったら大変なんで、人とぶつからないように歩いてます。(市川紗椰さん)4,410,210円 | トップページ | 本当だったら一緒に踊りたいところなのですが。(阿川佐和子さん)5,027,110円 »

コメント

杏里さんは実力派シンガーですが、坂口杏里さんとなると、裸一貫、体ひとつ以外に実力は無いように見えます。お二人の杏里さんは、推定身長170センチと、同じくらいの身長に見えますが、実力派シンガーの杏里さんの方が色々な面で人間が大きいように思われます。また、両目の開いた距離も、実力派シンガーの杏里さんに軍配が上がることは間違いありません。そんな実力派シンガーの杏里さんですが、アメリカ生まれで、以前からアメリカはロスで暮らしている筈ですので、日本国内の野天湯にはあまり馴染みがないようです。裸一貫の杏里さんは、セクシー女優なんかやっていましたから、バスタオルと相性が良いように思われますが、実際にはアウトドアには不向きのタイプなうえ、現場で問題を起こしそうなので、野天禁止令が出ています。

投稿: 山田べにこファンクラブ山の神温泉支部長補 | 2018年8月24日 (金) 06時40分

80年代に活躍した方は「80年代さいこー!」だし。
70年代に活躍した方は「70年代が一番、元気だった」だし。
60年代に活躍した方は「60年代の活気はハンパなかった」だし。
50年代に活躍した方は「節子さん。お昼ご飯はもう食べたんだったっけ?」です。

みなさん、ゆくゆくはピンピンコロリが理想のようです。

本来、過去を振り返る年齢でもないですけど、ピークは過ぎてしまったか、門前亜里さん。
wikipediaによればピークといっても、比較的、穏やかだったような気もしますが、事務所に所属はしたけど、デビューすることもなく、インチキプロデューサーの慰み者
になって消えていったあまたの少女に比べれば、成功者といっていいと思います。
まあ、上をみればキリがないのも事実ですし、一番になっていないのに大ブレイクしたカーリング女子チームや金足農業の例もありますのでてっぺんじゃあなくてもいいのかもしれません。それにしてもちょっと寂しい実績のような気もしますが…。
門前さんにおかれましては、wikipediaには一年近く実績が載っていない状況ですので、ツイッターの更新以外にも少しでも芸能活動を積み重ねつつ、末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 徳川yeah!康 | 2018年8月24日 (金) 08時04分

山田べにこファンクラブ山の神温泉支部長補さんのコメントを見て杏里パスが通った達成感を感じつつ採点します。
A1「杏里さんは実力派シンガーです」〇
A2「坂口杏里さんは裸一貫」△親の七光りの恩恵もある
A3「坂口杏里さんの実力は体のみ」〇
A4「杏里さんも坂口杏里さんも身長は170センチ」◎どちら様も168センチ
A5「杏里さんの方が色々な面で人間が大きい」〇
A6「両目の開いた距離も杏里さんの方が広い」〇
A7「杏里さんはアメリカ生まれ」〇
A8「杏里さんはロス在住」〇A9「杏里さんは日本の野天湯と馴染みが無い」〇
A10「坂口杏里さんはバスタオル無しでも勝負できるがアウトドアでの実績は無い」〇
以上100点。杏里から坂口杏里の流れは手堅い得点パターンでしたね〇

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年8月24日 (金) 10時44分

徳川yeah!康さんが活躍したのはいつ頃だと自覚していますか?私はバブル崩壊後の90年代かなあと自覚しています。とはいってもバブル崩壊後ですから沁み垂れた実績しか残せていないと思います。だったらまだ活躍していない、これからだ! くらいのニンニク笹の葉マグネシウム深海鮫パワーが漲っていればいいのですが、銀杏ひと粒でも誤嚥してしまうような有様ですから50代なのに三日連続というようなわけにはいかない今日この頃です。
生涯を通じて特に大きな山も谷もなく着々と成果を上げ続けてきたと言い切れる人っているんでしょうかねえ?
門前亜里さんは1998年生まれで中学2年の時にスカウトされて芸能界入りなので10年代の活躍しかなくて当然です。だとしてもそこは芸能界、デビューしたとたん流れを掴むヤツもいるし、風を起こしたり呼んだり乗ったりするヤツもいます。早々と体当たりを仕掛けて女優の地位を築くヤツもいます。
直近の静けさはジャンプ前の屈伸中だからだろうとジャンピング体当たりに期待しつつ門前亜里さんの課題クリアです。次の課題も『里』つながりで井畑珠里さんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年8月24日 (金) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/67089038

この記事へのトラックバック一覧です: 80年代の音楽は不滅。すてきなことが起きるワクワク感や胸騒ぎをこれからも歌いたい。(杏里さん)1,001,006円:

« (街を歩いていて人と)ぶつかって“人格”が入れ替わっちゃったら大変なんで、人とぶつからないように歩いてます。(市川紗椰さん)4,410,210円 | トップページ | 本当だったら一緒に踊りたいところなのですが。(阿川佐和子さん)5,027,110円 »