« 今だから言えますけど、当時はやる気がなかったですね。(山本舞香さん)410, 110円 | トップページ | みんなが思う理想の身体に私を当てはめても、私は私だし自分でしかない。みんなの理想の身体になる事もない。(藤田ニコルさん)37,110円 »

2018年7月 6日 (金)

呼んでもらえたので、“もうどんな役でもやります、大丈夫、大丈夫”って言って、引き受けました。(裕木奈江さん)3,281,410円

デヴィッド・リンチ氏からの出演依頼への反応。『ツイン・ピークス』の25年後を描いた新作絡みでぴあ映画生活に登場。直に演出も受けたとのこと。「撮影は、私の女優史上、連合赤軍事件を描いた『光の雨』(2001)の撮影のとき、2月に北海道の知床の近くの斜里町でマイナス20度の中、撮影していたときに匹敵するぐらいの過酷さだった」そうだ。

|

« 今だから言えますけど、当時はやる気がなかったですね。(山本舞香さん)410, 110円 | トップページ | みんなが思う理想の身体に私を当てはめても、私は私だし自分でしかない。みんなの理想の身体になる事もない。(藤田ニコルさん)37,110円 »

コメント

裕木奈江さんといえば、80年代後半から90年代にかけて活躍した美少女という印象がありますが、最近はめっきりお見かけしていません。身長は160センチくらいかと思いますが、いつの間にか結婚、離婚を経験され、現在は米国に移住して海外でご活躍だとか、何かの番組にゲスト出演されていたときに紹介されていましたが、往時のはかなさを誰よりも体現されていた美少女ぶりとはかけ離れた、太いおばちゃんキャラになっていたことに衝撃を受けました。体型もふくよかになられて、衝撃はより大きなものでした。もちろん野天湯への出演条件は十分に満たしておられるのですが、工藤夕貴さん158センチといい、田村英里子さん164センチといい、海外進出組女優の方々は、皆さん共通して偏光フィルターがかかっているように見えます。

投稿: 山田べにこファンクラブ八甲田温泉泉支部長補 | 2018年7月 6日 (金) 06時15分

男性で海外進出組と言ったら渡辺謙さんくらいでしょうか?
千葉真一さんなんかも進出組っていっていいのかな?
そういえば「ブラックレイン」って映画では、高倉健さんとか、松田優作さんがでてましたが、すでに故人ですね。
まあ、多少、海外の映画に日本人俳優が出演したところで日本という国家の威信には全くカンケイないんですけどね。

外国人プロデューサーの目にとまる機会なんて、たぶんないと思われる、大塚愛菜さん。
いや、タランティーノさんとかのカワリモノに意外なところで起用されるなんて可能性はゼロではないかもしれませんが、限りなく低いでしょう。ただ、日本でのアイドル業ってのも限界で「クールジャパン」なんて輸出事業もダメダメな状況ですので、若いうちに身の処し方は考えたほうがいいかもしれません。
大塚さんにおかれましては、まだまだ、一から出直せる年齢ですので、大胆な職種変更なんかも考慮しつつ、末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 徳川yeah!康 | 2018年7月 6日 (金) 07時54分

山田べにこファンクラブ八甲田温泉泉支部長補さんのコメントから気温変動による肌寒さを感じつつ採点します。
A1「裕木奈江さんは80年代後半から90年代にかけて活躍した美少女という印象がある」〇
A2「裕木奈江さんは最近めっきりお見かけしていない」△『FINAL CUT(関西テレビ2018年1-3月期)』に出た
A3「だからやったのは俺じゃねえって言ってんだろうが!」〇
A4「その頃なら吉祥寺駅の構内を歩いていました」〇
A5「リュックサック背負ってグレーのスニーカー姿でした。勤務先からの帰宅途中なので犯人は捻り鉢巻きとの証言とは一致しません。普通の白組の鉢巻きでした。必ず目撃者がいるはずです」〇
A6「3日連続3つの現場に残されたゲソ痕と私のクツ底が一致したとしても同じ靴はどこでも買える量販品です」〇
A7「ところで裕木奈江さんは身長160センチ」〇159センチ
A8「工藤夕貴さんは身長158センチ」〇
A9「田村英里子さんは身長164センチ」〇
A10「海外進出組女優の方々は偏光フィルターがかかっているように見える」〇
以上95点。裕木奈江さんと工藤夕貴さんと田村英里子さんとの野天湯共演なら紅白歌合戦の裏番組としても脅威になるかもですね〇

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年7月 6日 (金) 17時31分

徳川yeah!康さんが海外に進出していたら、徳川yeah!康さんが華々しいデビューを遂げられなかったとしても日本人とのハーフが続々と誕生していたでしょうね。そのハーフたちは二世俳優として今頃ロマンス映画界を席捲していたでしょう。日本の大物俳優や野心に満ちた女優がポツンポツンとハリウッド映画に出演するよりもその功績は多大だと評価され米国アカデミー種馬賞に輝いていたかもしれません。
そんな至宝が北見市で虎視眈々と企てている野望が明らかにされた時、日本映画界には激痛が走り整骨院が保険外診療フィーバーで繁盛するはずです。
大塚愛菜さんが外国人プロデューサーの目にとまる機会は通常だとあり得ません。でも疲れ果てたタランティーノさんとかのカラダをほぐす鍼灸師や柔道整復師として接見し、その施術を通じてオリエンタルスマイルを印象づけるようなイレギュラーなアプローチが有効でしょう。
大胆な職種変更構想は巡り巡ってハリウッドにつながるかもしれないと賛同しつつ大塚愛菜さんの課題クリアです。次の課題は『菜』つながりで北出菜奈さんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年7月 6日 (金) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/66904954

この記事へのトラックバック一覧です: 呼んでもらえたので、“もうどんな役でもやります、大丈夫、大丈夫”って言って、引き受けました。(裕木奈江さん)3,281,410円:

« 今だから言えますけど、当時はやる気がなかったですね。(山本舞香さん)410, 110円 | トップページ | みんなが思う理想の身体に私を当てはめても、私は私だし自分でしかない。みんなの理想の身体になる事もない。(藤田ニコルさん)37,110円 »