« 2018年5月 | トップページ

2018年6月22日 (金)

もうANAしか乗りません!(宮脇咲良さん)5,731,097円

『今夜、咲良の木の下で(bayfm)』での発言をJCASTニュースから。総選挙慰労の手紙をCAから渡されたそうで「私本当に飛行機乗っている間は爆睡してたのでほんとよく気づいたなあと思って。結構疲れた顔してたのに気づいてくださって、しかもこんな素敵なメッセージまでいただいて。いや本当に本当にありがとうございます!」とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

こういう役のイメージっていう風に決めつけられないで、あれも松本だったんだって言ってもらえるように、いろんな役を経験出来たらうれしいです。(松本穂香さん)4,842,702円

Movie WalkerでのQ「今後演じてみたい役は?」への返答。『世界でいちばん長い写真(草野翔吾監督)』では「…とにかくたくさん走ったんです。しかもドローンが後ろから音をあげながら迫ってきて怖いし、たくさん走るからどんどん足は動かなくなるし、『写真部なのに~』って思いました(笑)」とのこと。次々と出演オファーも迫り、嬉しい悲鳴…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

台本を読み、この女性が大好きになった。自分がなれるんだ、というわくわくがあった。(宮崎あおいさん)4,299,892円

『あにいもうと(TBS)』での役柄・赤座桃子への思い入れを岩手日報『スポット』で。より深く役に入り込もうと、トラックの運転免許を取得したそうだ。「現代ではなかなか見られない、大きな愛にあふれた家族の物語。見てもらって、自分たちなりの家族の形を改めて考えてほしい」とのこと。資格や免許は成り行きやノリで取得するのがいいのかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

切りますよ!私161センチしかないので、ワイドは結構切ります!本当にジャストサイズだと即決ですけどね。丈の長いものは写真だと格好いいんですけど、生活しづらいので(笑)(中村アンさん)2,220,072円

『毎日キレイ』のインタビュー記事での「足の長い中村さんでも裾を切るんですか?」への返答。月曜夜の『情熱大陸(MBS)』では「マグロなんですよ」と打ち明け始め、「泳いでないと死ぬから……」と続けていた。下ネタのつもりはなさそうだったけど、天然っぽさや偶然を演出していたのだとしたら実に思わせぶりで巧みな話術の持ち主だと思った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

秀樹さんは本当に優しくて、アーティストとしても素晴らしかった。次世代に伝えていきたい。(早見優さん)2,031,010円

LIVE!80’s IDOL POPS SHOW」の前取材でのコメントをスポーツ報知から。昨今のアイドル界と80年代のアイドルの違いについては「今はグループが多く、年齢的にも大人の方が多い。その中で器用に個性をしっかり出す。私たちはそこまでは考えてなかった。私たちの頃は、アイドルとして活躍できたのは1520歳までだった」だそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

トップに立つのってプレッシャーがあるじゃないですか。その部分は演じながら、わかるなーって思いました。(高畑充希さん)3,410,410円

68歳の新入社員(関西テレビ)』で草刈正雄さんの女性上司役絡みの週プレNEWSのインタビュー記事から。「以前は主演の方をサポートしているほうが楽しいとずっと思っていました。いまは主役を演じさせていただく機会も出てきて、面白さもわかるようになってきたから両方好きです。でも未だにテレビに出ていることに違和感です(笑)」とのこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

フランス映画に限らず邦画でも『それは本当に面白いの?』なんて考える前に『濡れ場』について考えていただきたい。(徳川yeah!康さん)4,109,682円

映画の意義と価値。昨日の採用ネタ『常盤貴子さんはフランス映画がお好き』から派生したコメント。製作費で圧倒的に勝るハリウッド映画への対抗策としてエロスの有効性を指摘。脈略のない濡れ場も不自然な濡れ場も意外な濡れ場も退屈な濡れ場も武器になる。ハリウッドがスペーススペクタクルエロス大作で応戦してくるはずないので勝ち目はある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

あんまりフランスに傾倒するのもどうかな、どこかでアメリカ色も入れていかないと、みたいな……。(常盤貴子さん)5,021,003円

『フランス映画祭 2018』のフェスティバル・ミューズを務めるということで毎日キレイのインタビュー記事に登場。「良くも悪くもなんですけど、どんどんそっち(フランス映画)の方向に傾いてしまっているので、答えがすぐに出るようなものに対して『それは本当に面白いの?』と思うようになってきてしまっていて、ちょっと困ってます」とのこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

パス

ネタ不足のため休みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

グラビアの写真集で手ブラとかするくらいなら、CDで脱げた方が本望です!(藤田恵名さん)1,871,510円

『脱衣盤』『着衣盤』」のジャケットが選べる新譜『言えない事は歌の中』のPRでリアルライブのインタビュー記事に登場。「水着で歌うので色物に見られがちですけど、実際は音楽と真面目に向き合ってここまで来た」「脱いで歌っていることに関しては親がいない強みで脱げているという感じです(笑)」「将来の夢は武道館に立つこと」だそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

私、子どものころ、近所でも『出来のいい子』として知られていたんです(笑)。両親はそれがうれしかったみたい。(秋吉久美子さん)4,510,210円

神童期を懐古。『学び直し』について女性自身のサイトで。早稲田大学大学院公共経営研究科に進学したのが53歳の時。現在は63歳。「女優の仕事って、徹底的に『与える世界』。自分の持っている才能をありったけ出して、最終的に枯渇するほど。でも、学問の世界は『もらえる世界』なんですね」とのこと。私には秋吉さんに恩返しする義務があると思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

では、「どこか」を(つまり景色を)初めて美しいと思ったのはいつだろう。(檀ふみさん)3,042,210円

「『美しい』年頃」と題して、思春期までの心象をNIKKEI STYLEで回想していた。「そういえば、小さい頃、身をよじって憧れたもの、人工的などぎついピンク色のドレス、ルビーやエメラルドでちりばめられたおもちゃのティアラ、いつの間にかぜんぜん『美しい』と感じなくなってしまっている」とのこと。カッコ良さの感覚にも似たような変化がある

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

特に女性は腕の筋肉がないので、ちょっとでも運動するのとしないのでは違います。たとえば持てるものも、普通にスーパーに行って食材を買うだけでも全然違います(笑い)(忽那汐里さん)2,871,103円

シェイプアップ意識。『デッドプール2(デビッド・リーチ監督)』でハリウッド進出を果たした女優がMANTANWEBのインタビュー記事で。「前は全然運動とかしていなくて、ジムとかも自分に合わない気がして行ってなかったんです」「体を動かすことは嫌いじゃないですが、ジムのつらくてしんどい感じが苦手で(笑い)」と言いつつジム通いしてる模様。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

空から見れば私も地上で生きる〝点〟でしかない。(今井美樹さん)4,271,390円

新譜『Sky』のリリース絡みで岩手日報『芸能プレミア』に登場。映画『終わった人』の主題歌を依頼されたのが新譜製作のきっかけとのこと。「波があれば波に乗れるけど、波がなければ乗ることはできません。若い頃と違って、何事にも限りがあると意識します。だから限られた出会いを気持ちよく、素直に受け止めて、挑戦できる自分でいたい」そうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

まず、お仕事の泊まりの際にホテルの部屋がグレードアップしましたね。それが嬉しくて。(田中道子さん)1,294,890円

NHK大河ドラマ出演による変化。『LE CAFE CITROEN C3』レセプションパーティーでのコメントをTechinsightから。「見てくださっている方が多くて『見てるよ』と声援をいただきます。それが活力になっています」「夢は大きくいつか主役をやりたい。アクションが得意なのでアクション映画やアクションドラマに是非チャレンジしたい」だそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

実は初めての安室ちゃん。ずっと行きたいと思ってたから、今回は絶対行かなきゃと思って・・・行ったら・・・全てに感動しかしなかった!(大貫亜美さん)3,341,910円

安室奈美恵さんのラストツアー最終公演を観に行ったことをインスタグラムで報告したとモデルプレスが紹介。「#さみしい #けどほんとにおつかれさま! #めっちゃ可愛くて #美しかった #そして驚きの #NOドリンク #あんなに歌って踊って #NOドリンク」と驚いていた模様。水分補給は甘えだという時代を掠っている感覚に共感した。#NOドリンク#NOライフ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

「ロミオとジュリエット」のジュリエットのような役割を担ってほしいと言われて、わくわくしました。(岸井ゆきのさん)294,310円

『モンテ・クリスト伯(フジテレビ)』での役柄について岩手日報『スポット』で。ドラマのテーマは『復讐』。自身は「あきらめてしまう」「(主人公の)真海(ディーン・フジオカ)は、残りの人生全てをつぎこむほどの憎しみと体力を持ち続けていることがすごい。私は過去と名前を捨て、インドにでも行って生き直したいです」とのこと。インドは正解?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

歌うことによって、セリフでは伝えきれない思いを、魂の叫びとして響かせることができる。(生田絵梨花さん)6,427,210円

ミュージカルの魅力。トニー賞の授賞式がWOWOWプライムで生中継される番組のスタジオ・ナビゲーターに抜擢、ということで讀賣新聞『スタンバイ!』に登場。自身も舞台では「無心になって歌えた歌にこそ、心がこもっている。そういう感覚が得られるよう、毎回目指しています」とのこと。無心で鼻歌を歌っていた時の仕事は出来がいいかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

超生意気だね。(烏丸せつこさん)1,010,571 円

『オシャレ3030(日本テレビ)』に出演時のそっけない受け答えに古館伊知郎さんも怒る30年程前の映像を『行列のできる法律相談所』で振り返っての感想。「トークが苦手で、喋る言葉が1個も出てこない。喋れないのにフォローしてくださるんですが、どうすることもできなかった。その後バラエティなどに出ることは一切やめました」とのこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

20年間、いろいろありましたけど、楽しかったです。いろいろな現場を通して吸収できて、成長できて、お芝居が好きだということを実感できた20年でした。(沢尻エリカさん)7,174,410 円

芸能生活20年を迎えての気持ちをMANTANWEBのインタビュー記事で。「このような恵まれた環境でお芝居をさせていただいているのはありがたく、さらに上にいけるようにお芝居を磨いていきたいという気持ちです。年を重ねるにつれて表現の仕方も変わり、演じられる役も変化してきました」「進歩を止めず、成長していきたいと思っています」とのこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

私は本当にまだ子供だったから、世の中に対する謎もいっぱいで。先輩モデルや編集部の方に『なにそれ?』『なんでなんで~?』ってあらゆる疑問を投げかけて好奇心丸出し(だった)。(榮倉奈々さん)1,731,056円

Seventeen』の50周年記念連載17歳のころ』でのコメントを毎日キレイが紹介。「今、夢や目標を定められなくて悩んでいるコがいるとしたら、自分を責めたりしないでほしいな。それより今この瞬間を目いっぱい思いっきり楽しんで!そうすれば、想像もつかない道が開けるかもしれないよ」とお姉さんしていた。男子にとってこの類の雑誌って何だ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

わたしは、雑誌にはちょっと夢を見たいんです。実用的な雑誌もいいけど、夢を見られる雑誌があってほしいなって、ずっと思っています。(市川実日子さん)4,510,100円

ファッションも実用重視の、今の時代の雑誌への所感。GINZAのインタビュー記事『レディの肖像』から。仕事では「自分のアンテナに引っかかるものが大事。みんなと同じことをしなくていいというか、みんなのしてることが必ず自分もたのしいわけじゃないというか」「理屈なしで惹かれるもの。わくわくする感じ、感覚を、大事にしたい」とのこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ