« パス | トップページ | フランス映画に限らず邦画でも『それは本当に面白いの?』なんて考える前に『濡れ場』について考えていただきたい。(徳川yeah!康さん)4,109,682円 »

2018年6月15日 (金)

あんまりフランスに傾倒するのもどうかな、どこかでアメリカ色も入れていかないと、みたいな……。(常盤貴子さん)5,021,003円

『フランス映画祭 2018』のフェスティバル・ミューズを務めるということで毎日キレイのインタビュー記事に登場。「良くも悪くもなんですけど、どんどんそっち(フランス映画)の方向に傾いてしまっているので、答えがすぐに出るようなものに対して『それは本当に面白いの?』と思うようになってきてしまっていて、ちょっと困ってます」とのこと。

|

« パス | トップページ | フランス映画に限らず邦画でも『それは本当に面白いの?』なんて考える前に『濡れ場』について考えていただきたい。(徳川yeah!康さん)4,109,682円 »

コメント

あまりフランスに懲りすぎるのも、イムイムします。とはいえフランス映画といえば、以前は映画の主流として、日本でも大人気でした。私の子供の頃には、アラン・ドロンとジャンポール・ベルモンドという二大俳優が君臨していました。常盤貴子さん推定身長160センチは、フランス映画全盛期をリアルタイムで知る世代よりはずいぶんお若いと思われますが、これほどフランスにはまっているとは思いませんでした。そういえば、旧教育テレビのフランス語講座などにもご出演されていたようば気がします。イムイムし過ぎてお困りでしたら、野天湯へGO!に出演して、気分転換されてはいかがでしょうか。バスタオルの効果的な使い方など、直にお教え出来れば幸いです。

投稿: 山田べにこファンクラブ温湯温泉支部長補 | 2018年6月15日 (金) 06時01分

ハリウッド以外の作品はあまりオカネをかけられないので、エロスで対抗するしかないです。
フランス映画に限らず邦画でも『それは本当に面白いの?』なんて考える前に『濡れ場』について考えていただきたい。
非常に情報が少なくて『濡れ場』は経験済みなのかどうか定かでない、真田麻垂美さん。
wikipediaにはほとんど情報はなく、ほかのサイトの情報を寄せ集めると、どうも、休業中に結婚しヨガに傾倒し2017年に女優業にカムバックしたとのことです。
映画へのカムバック以降のお仕事については、よくわかりませんが、よほど事務所が本気にならない限り、なかなか声はかからないんじゃあないでしょうか?
厳しい世界ですね。
真田さんにおかれましては、とりあえず、ユーチューバーかなんかにチャレンジし、注目を集めることを考え、なんとか話題に上る努力をしつつ、末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 徳川yeah!康 | 2018年6月15日 (金) 08時07分

山田べにこファンクラブ温湯温泉支部長補さんのプレミアムじゃないフライデーの香りをコメントから嗅ぎ取りつつ採点します。
A1「あまりフランスに懲りすぎるとイムイムする」〇
A2「あまりフランスに懲りすぎるとアンアンもする」〇
A3「あまりフランスに懲りすぎるとオンオンもする」〇
A4「あまりフランスに懲りすぎるとオワオワもするもする」〇
A5「セシールのサウンドロゴは『しもふさ君 幸せそうなのに』と聴こえる」〇
A6「セシールのサウンドロゴは『Il offre sa confiance et son amour』イロッフル・サ・コンフィアンス・エ・ソナムールだ」〇
A7「大学で第二外国語としてフランス語の単位を取った人なら『Il offre sa confiance et son amour』をネイティブな発音で言える」×絶対ムリ
A8「大学で第二外国語としてフランス語の単位を取って広告業界を志望した人ならセシールのサウンドロゴの意味は『信頼と愛をお届けします』って感じだと当てずっぽうでわかる」〇
A9「常盤貴子さんは身長160センチ」〇162センチ
A10「常盤貴子さんは『野天湯』との相性バツグン」◎
以上95点。『野天湯』はフランス語だとNoden。日本語のままでも通じそうな感じです〇

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年6月15日 (金) 11時44分

徳川yeah!康さんの隠密業務を映像で押さえて編集すればオカネをかけずに映画が次々と作れます。シナリオが無いにもかかわらず登場人物たちがお互いに触発されながら想定外の反応を見せるトピックスの数々は宝の山です。
まず映像映えする女性信者10名ぐらいをピックアップして5時間程度の恋愛ドキュメンタリーとしてつなぎます。その後R15でも通過できる程度に愛欲シーンを削りに削り『忖度漲る割り切った2時間程度のラブストーリー』にまとめます。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭でも通用するようにオホーツクの四季の移ろいを心境の変化とこじつけて捻じ込めば完成です。
真田麻垂美さんは情報不足なのに良く調べ上げてくださいました。16年ぶりに復帰したアラフォー女優という謎めいたポジション自体がアピールポイントに思えるほどです。
既婚のようですし、がむしゃらに女優業を邁進する感じでもなさそうだなと傍観しつつ真田麻垂美さんの課題クリアです。次の課題も『美』つながりで久下恵美さんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年6月15日 (金) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/66830630

この記事へのトラックバック一覧です: あんまりフランスに傾倒するのもどうかな、どこかでアメリカ色も入れていかないと、みたいな……。(常盤貴子さん)5,021,003円:

« パス | トップページ | フランス映画に限らず邦画でも『それは本当に面白いの?』なんて考える前に『濡れ場』について考えていただきたい。(徳川yeah!康さん)4,109,682円 »