« 高額コトバ2018年5月ベストテン | トップページ | 私は本当にまだ子供だったから、世の中に対する謎もいっぱいで。先輩モデルや編集部の方に『なにそれ?』『なんでなんで~?』ってあらゆる疑問を投げかけて好奇心丸出し(だった)。(榮倉奈々さん)1,731,056円 »

2018年6月 1日 (金)

わたしは、雑誌にはちょっと夢を見たいんです。実用的な雑誌もいいけど、夢を見られる雑誌があってほしいなって、ずっと思っています。(市川実日子さん)4,510,100円

ファッションも実用重視の、今の時代の雑誌への所感。GINZAのインタビュー記事『レディの肖像』から。仕事では「自分のアンテナに引っかかるものが大事。みんなと同じことをしなくていいというか、みんなのしてることが必ず自分もたのしいわけじゃないというか」「理屈なしで惹かれるもの。わくわくする感じ、感覚を、大事にしたい」とのこと。

|

« 高額コトバ2018年5月ベストテン | トップページ | 私は本当にまだ子供だったから、世の中に対する謎もいっぱいで。先輩モデルや編集部の方に『なにそれ?』『なんでなんで~?』ってあらゆる疑問を投げかけて好奇心丸出し(だった)。(榮倉奈々さん)1,731,056円 »

コメント

市川実日子さんというとお姉さんか妹さんが同じく芸能界で活躍されていますが、姉妹共に170センチくらいの長身だったと思います。実日子さんが姉なのか妹なのか定かではありませんが、お二人とも美人でも「個性的」という形容詞がつくタイプの美人です。男子は女性と違って、自分の仕事などとは無関係なところで、しかしとことん実用的な雑誌にも夢を見ることが出来るものです。実のところ、男子は実用的な雑誌の方を好むものです。ところが、こんにちは、本屋さんでも実用誌は取り扱いが激減し、唯一の窓口であったコンビニでも、チェーンによっては取り扱いを中止するなど、終わらない氷河期に突入しています。このままでは実用誌の歴史が終わってしまいそうな勢いです。かといって、市川姉妹が実用誌に登場する可能性はありませんし、きっと需要も限りなく小さいような気がします。どうしたものでしょうか。

投稿: 山田べにこファンクラブ見市温泉支部長補 | 2018年6月 1日 (金) 05時53分

週刊誌といえば
ムカシは週刊文春なんかを買っていましたが、最近、お金を出して週刊誌を買うなんてことがほとんどありません。
今、週刊誌を読むのはラーメン屋か喫茶店です。
ここでいう「喫茶店」はちょっとおしゃれな休日の午後なんてカンジの「カフェ」ではありません。シナモンを添えたカフェモカに週刊ポストや現代は似合いません。
塩ラーメンにチャーシューチャーハンの小を注文してゆったりとひと月前の週刊実話のグラビアをめくるってのがオトナの嗜みです。
そのテの雑誌のグラビアには何度も登場しているかもしれない、伊藤しほ乃さん。
ご本人はストロベリーフラペチーノってなもんでしょうが、フアン層はニンニクラーメン替え玉付きって感じでしょう。何を言ってるのかわからなくなってきましたが、伊藤さんにおかれましては、喫茶店や従来スタイルのラーメン店の衰退はグラビア市場の縮小ということですので、話題のカフェでこじゃれたインスタなんてのにうつつを抜かすことなく、末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 徳川yeah!康 | 2018年6月 1日 (金) 08時09分

山田べにこファンクラブ見市温泉支部長補さんの金曜日を逃げ切る誤魔化しの勢いをコメントから読み取りつつ採点します。
A1「市川実日子さんのお姉さんか妹さんが芸能界で活躍されている」〇姉・市川実和子
A2「姉妹共に170センチくらい」〇実日子さん169センチ、実和子さん170センチ
A3「実日子さんが姉なのか妹なのか定かではない」×三姉妹の三女なので明らかに妹
A4「実日子さんも実和子さんも個性的な美女」〇
A5「男子は女性と違って、自分の仕事などとは無関係なところで、しかしとことん実用的な雑誌にも夢を見ることが出来る」△オカズを欲する女性もいる
A6「男子は実用的な雑誌の方を好む」〇
A7「実用誌は取り扱いが激減している」〇
A8「実用誌の歴史が終わるきっかけとなったコンビニの変が起こったのは西暦何年?という問題はクイズ番組でも出題されない」〇
A9「次の5つの実用誌を価格順に並べよ、という問題は良問だ」〇
A10「次の5つの実用誌を創刊順に並べよ、という問題は難問だ」〇
以上85点。市川三姉妹の長女は一般人です〇

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年6月 1日 (金) 20時12分

徳川yeah!康さんが週刊文春を購入していた頃、どんな記事に興味を持っていたのでしょうか?私は週刊文春=糸井重里の萬流コピー塾でした。作品応募締め切りと発売日の兼ね合いで毎週怒涛の金曜日でした。
ネットに手を染めてから週刊誌のゴシップを購入する意欲は減りました。発売日には概要がつかめている有様ですし、該当週刊誌のサイトでさえ事前に情報提供してくれたりします。もはや購入は感謝と記念という感じです。
近年の私は週刊誌ではアサヒ芸能の購入冊数が最も多いです。平日の日中にルームウェアにクロックスつっかけてコンビニに行って、週刊大衆とSPA!をチラ見してから購入すると周囲の方々から一目置かれているような気配を感じます。
伊藤しほ乃さんはアサヒ芸能との相性バツグンのような気がします。昼に味噌ラーメンに餃子を注文する接客無縁の漢にも理解を示してくれそうな、程良い夢を見せてくれます。
これなら実在するかもしれない、という貴重なバランスの賞味期限を見逃さず勝負時を見極めてもらいたいと期待しつつ伊藤しほ乃さんの課題クリアです。次の課題も『乃』つながりで川村海乃さんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年6月 1日 (金) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/66780718

この記事へのトラックバック一覧です: わたしは、雑誌にはちょっと夢を見たいんです。実用的な雑誌もいいけど、夢を見られる雑誌があってほしいなって、ずっと思っています。(市川実日子さん)4,510,100円:

« 高額コトバ2018年5月ベストテン | トップページ | 私は本当にまだ子供だったから、世の中に対する謎もいっぱいで。先輩モデルや編集部の方に『なにそれ?』『なんでなんで~?』ってあらゆる疑問を投げかけて好奇心丸出し(だった)。(榮倉奈々さん)1,731,056円 »