« 喋った後で「そうですよね、ははっ」って足し笑いしている癖があることに気づいた。(高橋優さん)6,030円 | トップページ | 人間は晩年こそ自由にのびやかに生きてよいはずです。身を小さくすることはありません。そう思わなければ、長い人生を必死で生きてきた意味もないというものです。(大石静先生)47,270円 »

2018年2月24日 (土)

そうやって届いた少年ジャンプは、もう骨の髄まで味わったと。 (中江有里さん)2,210,279円

ヤナセライフ・プレジール『中江有里の一期逸話』で対談相手の冲方丁さんがシンガポールとネパールで暮らしていた幼少期の執念について語った部分でのつなぎ。「海外にいたときには少年ジャンプが18000ぐらい」「空輸なのでタイムラグも」「すごい集中力で読んで、そこに書かれている台詞を、あとで全部言えるくらいでした」と贅沢な苦労話だった。

|

« 喋った後で「そうですよね、ははっ」って足し笑いしている癖があることに気づいた。(高橋優さん)6,030円 | トップページ | 人間は晩年こそ自由にのびやかに生きてよいはずです。身を小さくすることはありません。そう思わなければ、長い人生を必死で生きてきた意味もないというものです。(大石静先生)47,270円 »

コメント

ちょっと前のテレビドラマ、「重版出来」に書店員役で一回だけ出ていた中江有里さんですが、最近は、女優やタレントというより文化人のようなポジションを開発してご活躍です。元々はあまりぱっとしないアイドルでしたし、グラビアも清楚すぎて話題性も人気もいまいちでした。身長は155センチに満たなかったと思います。30代半ばで法政大学を通信で受講、卒業された努力家です。読書好きが高じてなのか、何故かシナリオライターもやっていて、BSで活躍している筈です。どこかで書評も担当していたり、行間の広い本を一冊出していたり、ワイドショーでは驚くほど常識的で良心的な意見を述べるコメンテーターなんかもやっていて、不毛の地に華を咲かせるという孤高の活動を展開していますが、バツイチなので、阿部塾ではさりげなく、しかし力を込めて応援したいなあ、と思っています。

投稿: 山田べにこファンクラブ川汲温泉支部長補佐 | 2018年2月24日 (土) 06時20分

山田べにこファンクラブ川汲温泉支部長補佐さんのコメント、今回は妄想ではなく記憶による部分が多いのでボケと名誉が鬩ぎ合うデリケートな側面もありますが心を鬼にして採点しちまいます。
A1「テレビドラマ、「重版出来」に書店員役で一回だけ出ていた」〇
A2「最近は、女優やタレントというより文化人のようなポジションを開発して活躍」〇
A3「元々はあまりぱっとしないアイドルだった」〇
A4「グラビアも清楚すぎて話題性も人気もいまいちだった」〇
A5「身長は155センチ未満」〇154センチ
A6「30代半ばで法政大学を通信で受講、卒業された努力家」〇
A7「シナリオライターもやっている」〇
A8「BSで活躍している筈」×ブリヂストンとは関係ない
A9「どこかで書評も担当していたり、行間の広い本を一冊出していたり、ワイドショーでは驚くほど常識的で良心的な意見を述べるコメンテーターなんかもやっていて、不毛の地に華を咲かせるという孤高の活動を展開している」〇
A10「バツイチなので、阿部塾ではさりげなく、しかし力を込めて応援したい」〇
以上90点でした。たいへんよくできました◎

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年2月24日 (土) 12時31分

中江有里をwilipediaで調べてみましたが、中江有里さん自身も帰国子女である旨の記述はありませんでした。8,000円でジャンプを買っていたのは、冲方さんで中村さんは普通に日本で「花とゆめ」なんかを読んでいたのかもしれません。
「りぼん」とか「マーガレット」とかを読んでいたのか、岡村亜紀さん。
ムカシ女きょうだいがいる奴で妙に少女漫画に詳しい奴がいましたが、マンガのせいなのかきょうだいのせいなのか、あるいはその両方なのか、特別、イケメンでもないのに女の子に取り入るのが本当に見事でした。
やはり、ハードウェアよりソフトウェアの方が有用なようです。
でも、なんだかんだで最後にはハードウェアだったりもするんですが…。
岡村さんにおかれましては、wikipediaの情報が少ないため、ほとんどコメントで触れないまま、まとめられちゃうという失礼な扱いですが、マメにブログは更新しているようなので、ネットから支持の環が広がることを期待しつつ、末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 徳川yeah!康 | 2018年2月24日 (土) 20時59分

徳川yeah!康さんが帰国子女だったかどうかなんて考えてみたこともなかったと今さら気づきました。で、帰国子女だろうとなかろうと私はそんなに驚かないと思います。
どうせなら聞いたこともないようなマイナーな国の帰国子女で、幼少期に異様な風習にたっぷり揉まれていた、くらいの話が欲しいです。その影響がコンビニで週刊誌のグラビアページを立ち読みする際にも出てしまう、なんてオプションを添えてもらえるとありがたいです。
岡村亜紀さんはグラビアとは関係ない芸能生活を続けていると思われます。ところがwilipediaによると、趣味にボディボードや登山、特技に日舞やフラダンスとなかなか肉体派です。けっこうイケるほうなのかもしれません。映画では極妻、ドラマでは女帝、いやかなりイケそうです。
ブログを見たら良い母親のようなので芸能界ではカラダを張るようなムリはしなくてもいいのかな、と思いつつ岡村亜紀さんの課題クリアです。次の課題も『村』つながりで奥村優希さんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年2月24日 (土) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/66221138

この記事へのトラックバック一覧です: そうやって届いた少年ジャンプは、もう骨の髄まで味わったと。 (中江有里さん)2,210,279円:

« 喋った後で「そうですよね、ははっ」って足し笑いしている癖があることに気づいた。(高橋優さん)6,030円 | トップページ | 人間は晩年こそ自由にのびやかに生きてよいはずです。身を小さくすることはありません。そう思わなければ、長い人生を必死で生きてきた意味もないというものです。(大石静先生)47,270円 »