« こうやってテレビや映画に出させて頂ける様になって深く思うことですが、言葉には良くも悪くも絶大な力がある。違う意味、時には正反対に解釈されることもある。 自分の発する言葉に対して、責任を持ち真摯に対峙しなければと日々考えさせられています(吉岡里帆さん)4,510,037円 | トップページ | 松尾スズキさんがテレビで好きな言葉を聞かれて、『平等。 だってありえないから』と答えていたのを見て、衝撃を受けたんです。そういう言葉の捉え方もあるのか、と。 それで演劇をやりたいと思い、世界が広がりました。(内田慈さん)489,710円 »

2018年1月18日 (木)

私、尿検査でカップに入れたら、すごく色が濃かったので、少し水で薄めて美少女っぽい色にして出しました。(美保純さん)4,971円

13土放送の『5時に夢中(TOKYO MX)』での発言をスポーツ報知のサイトで入手。「自分なりに(濃いのは)これじゃダメだと思って」との小学生時代の回想に対して医師でタレントのおおたわ史絵さんは「薄めるだけなら大丈夫。お茶とか炭酸入れると、数値が変わるから良くないけど」と話したそうだ。説教覚悟の上というか期待して薄めたんだろうけどな。

|

« こうやってテレビや映画に出させて頂ける様になって深く思うことですが、言葉には良くも悪くも絶大な力がある。違う意味、時には正反対に解釈されることもある。 自分の発する言葉に対して、責任を持ち真摯に対峙しなければと日々考えさせられています(吉岡里帆さん)4,510,037円 | トップページ | 松尾スズキさんがテレビで好きな言葉を聞かれて、『平等。 だってありえないから』と答えていたのを見て、衝撃を受けたんです。そういう言葉の捉え方もあるのか、と。 それで演劇をやりたいと思い、世界が広がりました。(内田慈さん)489,710円 »

コメント

美保純さん158センチといえば、ディスコクィーンから日活ロマンポルノの女優に転身された方ですが、ヒット作はなんといっても『ピンクのカーテン』ですね。原作は1980年頃、ジョージ秋山先生のマンガで『週刊漫画ゴラク』に連載されていました。『ピンクのカーテン』連載終了後、ジョージ先生は、『恋子の毎日』を『週刊漫画アクション』に長期連載、大ヒットを飛ばします。当時はバブル期。漫画本も飛ぶように売れ、人の良いジョージ先生は、悪徳業者に騙されて、伊豆に別荘地を買わされたと言います。舗装道路もなく、電気、ガス、水道も通っていない山の中で、家屋を建てたものの、しばらく留守にすると雑草が生い茂り、玄関が開かなくなったりしたそうです。残念なことに近所に野天湯はなかった模様です。

投稿: 山田べにこファンクラブ初山別温泉支部長補佐 | 2018年1月18日 (木) 06時03分

美保純さんと尿検査って、三十年前だったらとてつもなく劣情を刺激する取り合わせだったでしょうが、今ならよほどのマニアでない限りは、よくある中高年の健康診断バナシの一環でしかありません。不摂生がすぐ健診結果に現れる世代ですので、本当に気を付けていただきたいものです。
健康診断なんて全く気にしていないであろう、南沙良さん。
篠山紀信氏の奥様とは全く関係がないようで、子役っていうのかモデルっていうのかよくわかりませんが、若いうちから勤労にいそしんでいることについて敬意を表するべきなのか、批判すべきなのかどうしたらいいでしょう?
まあ、親戚のお子さんでもないし、アカの他人についてワタシが心配することでもありませんが…。
南さんにおかれましては、一度きりの人生ですので基本的には後悔のないよう思い切ってみることも必要とも思いますが、取り返しのつかない過ちってのもありますので、将来については信頼できるオトナとも十分に相談しつつ、末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 徳川yeah!康 | 2018年1月18日 (木) 08時13分

山田べにこファンクラブ初山別温泉支部長補佐さんの美保純さん158センチについての解説分量はジョージ秋山先生についての解説分量の4分の1でしかありませんが、それは決して愛情の差ではありません。言葉少なくしてむしろ雄弁ということもあります。ただし今回は雄弁ではなく女性の小便が題材だったので、配慮してくださったんだろうと思われます。美保純さんの尿について深く掘り下げたりしつこく語ることは紳士的ではありません。そんなことは阿部にやらせろ、というのが先輩後輩の立場関係というものです。というわけで、私と美保純さんとの出会いは盛岡日活ビル内の映画館で放映された『ピンクのカーテン』でした。公開は1982年7月23日、私が高卒後の18歳の夏でした。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年1月18日 (木) 17時55分

徳川yeah!康さんには今回の美保純さんと尿検査のネタについては35年ほどタイムリープして体感してもらいたいです。厳密には1982年7月23日は高校3年生の夏休みであり、オンタイムで『ピンクのカーテン』を映画館で観ていて補導などされようものなら進学に悪影響を与えていたかもしれませんが。
今にして思えば数歳しか歳の違わないお姉さんにとてつもない人生経験のギャップを感じながらお世話になっていたんだなと感慨深いです。
南沙良さんは15歳、中学3年生なはずです。ひょっとすると高校受験を控えているかもしれません。よりによって美保純さんのインチキ尿検査ネタの日に課題とされてしまいましたが、自主的コンプライアンスにより何もコメントできません。
健康診断の数値が個人情報としての価値を生むほどの飛躍を期待しつつ南沙良さんの課題クリアです。次の課題も『沙』つながりで富永沙織さんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2018年1月18日 (木) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/66289405

この記事へのトラックバック一覧です: 私、尿検査でカップに入れたら、すごく色が濃かったので、少し水で薄めて美少女っぽい色にして出しました。(美保純さん)4,971円:

« こうやってテレビや映画に出させて頂ける様になって深く思うことですが、言葉には良くも悪くも絶大な力がある。違う意味、時には正反対に解釈されることもある。 自分の発する言葉に対して、責任を持ち真摯に対峙しなければと日々考えさせられています(吉岡里帆さん)4,510,037円 | トップページ | 松尾スズキさんがテレビで好きな言葉を聞かれて、『平等。 だってありえないから』と答えていたのを見て、衝撃を受けたんです。そういう言葉の捉え方もあるのか、と。 それで演劇をやりたいと思い、世界が広がりました。(内田慈さん)489,710円 »