« 私ではない、また別の女性を演じるということは、すごくやりがいがあって、100%自分が満足したり、納得したりということもないですし、一生を懸けてやっていけるものなんじゃないかなと思っています。(菜々緒さん)4,510,728円 | トップページ | ミアは、自分で脚本を書いたのがデビューのきっかけ。私も自分の本を出したんですけれど、そのときに下着姿になったのがきっかけで、水着のお仕事をいただいた。自分で何かを作るのって大切なんだな。(泉里香さん)8,194,109円 »

2017年8月 2日 (水)

当時は、毒の無い蛇だと言われていたので、捕まえては振り回したりしていた。 毒蛇だと判明したときは、ずいぶん、大きなニュースになった。 ハナシが違うと、びびった記憶がある。(庭師さん)4,910,101円

兵庫・伊丹の小5男児が毒蛇に噛まれたニュースをmixi日記で取り上げ、自身の幼少期を回想。「子供の頃、蛇といえば、アオダイショウかヤマカガシだった。あと、シマヘビってのもいたか。近所にもよく出た」という同時期に同じ学区内で私は蛇とは関われず弱虫扱いされていた。いずれ動植物の危険指標がブレるのは困る。野に咲く花の蜜だってどうだか。

|

« 私ではない、また別の女性を演じるということは、すごくやりがいがあって、100%自分が満足したり、納得したりということもないですし、一生を懸けてやっていけるものなんじゃないかなと思っています。(菜々緒さん)4,510,728円 | トップページ | ミアは、自分で脚本を書いたのがデビューのきっかけ。私も自分の本を出したんですけれど、そのときに下着姿になったのがきっかけで、水着のお仕事をいただいた。自分で何かを作るのって大切なんだな。(泉里香さん)8,194,109円 »

コメント

子供時代、蛇を発見したら、まずは捕まえろ!でした。そんなに大きな蛇はおらず、アオダイショウでもせいぜい1メートル程度だったと思います。一番、多く見かけたのはヤマカガシです。40~50センチくらいと大きさも手頃だったので、捕まえるにはちょうど良い蛇でした。振り回したりするのに飽きると、北上川に投げに行ったものです。どんなに遠くに投げても、岸に向かって戻ってきたものです。水の上を素早く泳ぐ蛇の姿が、妙に面白かった記憶があります。ヤマカガシが毒蛇だと知っていたら別な遊び方をしたと思う。よく死人が出なかったものだと思うが、咬まれるような間抜けはいなかったなあ。

投稿: 木下藤吉楼共立ギガントピテクス | 2017年8月 2日 (水) 06時30分

ワタシは北海道の山の中育ちですが、ヘビはニガテです。
キタキツネはそこらじゅうにいますが、子供のころから「寄生虫がいるので決して触るな」って言われて育ちました。
ちょっと郊外に行けばシカもワンサカいますがヒグマには遭遇したことありません。

wikipedeaの記事を見ると野生のヒグマ並みに見つけることが困難な程度のしごとしかしていない様子の小川あゆ美さん。
この程度の仕事量で食べていけると知っていたら、ワタシも芸能人になればよかったと思います。って、今からじゃあ間に合わないでしょうか?
小川さんにおかれましては、もしかすると見えないところで事務所の接待要員としてつらい職務をこなしているのかもしれませんが、庶民にユメを与えるためにはミニクイ現実を悟られるようなことはせずに、末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 徳川yeah!康 | 2017年8月 2日 (水) 07時59分

木下藤吉楼共立ギガントピテクスさんは『木下藤吉楼聖心ギガントピテクス』になるための寄付金を準備できていない状態です。やっと寄付金が準備できたその日に『木下藤吉楼清泉ギガントピテクス』にもなれるチャンスが舞い込んだりすると「いずれ洋服ぜんぶ捨ててイメチェンしなきゃだわ」と有頂天になったりしますが、たまたま目にした経済誌で某企業人事課の女性(匿名・演・壇蜜)が「ちょうど良い戦力として期待されているのはポンジョかトンジョです。お茶の水や津田塾はちょっと・・・」と語っていたのを読んで「自分は蚊帳の外なの?結婚するしかないの?だったら『木下藤吉楼白百合ギガントピテクス』になって見返してやるぅ!」と下唇を噛みます。それはさておき、私はオモチャのヘビでも泣ける子でした。酒買い地蔵尊の夏祭りの出店でクラスメイトがオモチャのヘビを購入しているのを目撃しただけで2学期は学校に行きたくないと思ったりしていました。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2017年8月 2日 (水) 19時01分

徳川yeah!康さんが「ヘビはニガテです」と表明してくれたおかげで何だか慰められたような気がします。
私は亡き父から「蛇を見たら逃げろ、虹は潜らず超えてゆけ」と言われて育ったのでヘビは食べることができません。徳川yeah!康さんが子供のころ「寄生虫がいるので決して触るな」って言われて育ったキタキツネを食べたことがないのと近いニュアンスだと思います。
寄生虫とい言えば私が初めてサナダムシや回虫やアニサキスを見たのは木下藤吉楼グループ総裁の出身高校の文化祭です。それ以来、寄生虫は食べることができません。
小川あゆ美さんが木下藤吉楼グループ総裁の出身高校の文化祭に行ったりしたら悪い虫がウジャウジャ寄ってくると思います。というか私の出身高校の文化祭でも悪い虫がウジャウジャ寄ってくるでしょう。私の出身高校は男女共学ですが、「女生徒は女性の来客者の安全のために尽くすこと」なんて校則はありません。「男子生徒は祖母以外の女性に触れてはならない」という校則はあったかもしれません。
何らかのセキュリティ契約を締結して差し上げるのもやぶさかではないと思いつつ小川あゆ美さんの課題クリアです。次の課題も『ひらがな2文字』つながりで中村ゆりさんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2017年8月 2日 (水) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/65608845

この記事へのトラックバック一覧です: 当時は、毒の無い蛇だと言われていたので、捕まえては振り回したりしていた。 毒蛇だと判明したときは、ずいぶん、大きなニュースになった。 ハナシが違うと、びびった記憶がある。(庭師さん)4,910,101円:

« 私ではない、また別の女性を演じるということは、すごくやりがいがあって、100%自分が満足したり、納得したりということもないですし、一生を懸けてやっていけるものなんじゃないかなと思っています。(菜々緒さん)4,510,728円 | トップページ | ミアは、自分で脚本を書いたのがデビューのきっかけ。私も自分の本を出したんですけれど、そのときに下着姿になったのがきっかけで、水着のお仕事をいただいた。自分で何かを作るのって大切なんだな。(泉里香さん)8,194,109円 »