« セクシーな衣装を着てニュースを読むという番組が6月で終わってしまうので、これからもグラビアの強みを生かしつつ、アナウンサー業にうまく昇華できるようにやっていきたいなと思っています。(塩地美澄さん)351,510円 | トップページ | 「(女性は)寝ている間にオレが奥歯にチップを入れたんじゃないかとか、腿の裏に入れたとか言い出した。(小木博明さん)201,471円 »

2017年7月 5日 (水)

若いころであれば落ち込んでいても立ち直るまで時間がかかったり、心の傷を持ったりするけれど、やっぱり50代はたくましい。あれもこれもと過去を振り返ったときに、それも含めて自分の人生の大切な1ページだったと笑顔で語れるような人生にしていこうという腹のくくり方ができてくる。(南果歩さん)4,410,220円

私生活での騒動に便乗? 『定年女子(NHK BSプレミアム)』の第1話完成試写会でのコメントをクランクイン!!で。演じたのは夫の浮気が原因で離婚して一人娘を育てるシングルマザー役。心身ともに疲れて落ち込んでいた時期にこういう作品に巡り合えたのは神様が引き合わせてくれたご縁で、私の人生の中での大きなエピソード」とのこと。アッパレ。

|

« セクシーな衣装を着てニュースを読むという番組が6月で終わってしまうので、これからもグラビアの強みを生かしつつ、アナウンサー業にうまく昇華できるようにやっていきたいなと思っています。(塩地美澄さん)351,510円 | トップページ | 「(女性は)寝ている間にオレが奥歯にチップを入れたんじゃないかとか、腿の裏に入れたとか言い出した。(小木博明さん)201,471円 »

コメント

南果穂さん162センチといえば、前夫の辻仁成さん165センチは当時は子育てを全くしないキャラだったので当然のこと離婚して、その後、子連れで渡辺謙さん184センチと再婚されて幸せな家庭生活を営んでいると思われましたが、その夫である渡辺さんはいつの間にか世界の謙さんに成長して、しかし、先日、南さんが乳がんであることをカミングアウトして闘病中に世界の謙さんは高級キャバ嬢と浮気をしていたことが発覚したものの、世間からの世界の謙さんへの風当たりは非常に甘く、あまり物議を醸していませんので、南さんの内心、忸怩たる複雑なものがあることは容易に想像出来ますが、遺伝子的な傾向を考慮すると、辻仁成の流れを汲むお子さんは、世界の謙さんの持つ高身長の流れとはことなって、あまり身長が高くなることは望めないことは確かなようです。

投稿: 木下藤吉楼続ギガントピテクス | 2017年7月 5日 (水) 06時45分

年とって鈍感になったってことです。
逆にムカシは何ともなかったのに年とるとヘンにハラタツこともあります。キレる中高年ってやつです。我々もまさにそんな世代ですね。いろんなイミで気を付けましょう。
 
鈍感でもなく過敏でもない、イチバンいい年頃の徳永えりさん。
amazonの映画で彼女が出ている映画を何本か見ましたが、キラキラ非常に瞳がキレイなブスって感じの女優さんです。
かといって身近にいそうでリアリティを感じるってタイプでもなく、そのヘンはモデル出身特有の雰囲気ってことでしょうか?
徳永さんにおかれましては、スポットライトを独占ってキャラじゃあないので、演技力に磨きをかけ、文芸路線を主戦力に定めつつ、末永くご活躍いただきたいと思います

投稿: 徳川yeah!康 | 2017年7月 5日 (水) 08時02分

木下藤吉楼続ギガントピテクスさんの『続』は『To be continued…』です。『木下藤吉楼』と『ギガントピテクス』の運命や如何に!という感じです。芸能事務所に所属せず単体での活動を決意したため『・』は省かれました。それでもファン心理とは一気に切り替えられない複雑なものです。『ン』は『ソ』になっていないか、『ピ』は『ビ』になっていないか、『テク』は『チワ』になっていないか、気になってしかたありません。さて「けんさん」と言えば高倉健さんです。世界の渡辺謙さんじゃありません。「ケンちゃん」は宮脇康之さんです。世界の渡辺謙さんじゃありません。志村けんさんは志村けんさんです。「元世界の」と言えば桂三度さんです。世界の渡辺謙さんじゃありません。渡辺謙さんにはまだまだやらなければならないことがあるようです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2017年7月 5日 (水) 12時36分

徳川yeah!康さんがご自身を鈍感だとおっしゃるのは謙遜であって、鈍く思えたりもする穏やかさは包容力です。その安心感を証言してくれる婦女子は大勢いるはずです。但し、甘えさせてばかりでは婦女子のためになりませんし、徳川yeah!康さんもくたびれてしまいます。
徳川yeah!康さんは消耗品なのですから長持ちするように調整してあげる必要があります。そこで私です。私には鈍感と思わせるほどの忍耐力があります。3分の1、いや5分の1でも手伝わせていただければ、と思います。
徳永えりさんは「親友役が多く、この位置づけにホッとする」と語っているそうです。主役を食わない程よさがキャスティングの理由になっていそうで、それは失礼な面もあるのですが、美女やブスが特殊メイクで調整しても出せないホンモノ感だとすれば有効な武器になります。そうゆうキャラを主役に据えるドラマだってたくさんあるはずです。
演技力に磨きをかけ、文芸路線を主戦場にする提案はリアルに親身なアドヴァイスだと思いつつ徳永えりさんの課題クリアです。次の課題は『えり』つながりで村松えりさんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2017年7月 5日 (水) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/65493828

この記事へのトラックバック一覧です: 若いころであれば落ち込んでいても立ち直るまで時間がかかったり、心の傷を持ったりするけれど、やっぱり50代はたくましい。あれもこれもと過去を振り返ったときに、それも含めて自分の人生の大切な1ページだったと笑顔で語れるような人生にしていこうという腹のくくり方ができてくる。(南果歩さん)4,410,220円:

« セクシーな衣装を着てニュースを読むという番組が6月で終わってしまうので、これからもグラビアの強みを生かしつつ、アナウンサー業にうまく昇華できるようにやっていきたいなと思っています。(塩地美澄さん)351,510円 | トップページ | 「(女性は)寝ている間にオレが奥歯にチップを入れたんじゃないかとか、腿の裏に入れたとか言い出した。(小木博明さん)201,471円 »