« 4コマ漫画家とストーリー漫画家は、頭の中の構造が全然違うと考えています。川柳と純文学の違いというか・・・。(植田まさしさん)24,810円 | トップページ | 機会があれば、北米版のブルーレイなど〝完全版〟を見てほしい。(立花珠樹さん)1,102円 »

2017年6月 5日 (月)

「辞めるんだったら、早いうちに辞めてしまったほうがいい」とも考えたんですけど、やっぱり好きだから辞められなくて。続けたいって思ってしまって、今ここにいます(笑)(森川葵さん)7,078,114円

映画『花戦さ(監督・篠原哲雄)』に出演の女優がクランクインのインタビュー記事で。「今こうしていろいろな作品に出させていただけているので、途中でダメになったとしても、そこから別のことをやり直せばいいし、頑張れるところまで、とりあえずやれるところまで、やってみたいなって思ってます」とのこと。21歳の美女ならではの余裕の発言。

|

« 4コマ漫画家とストーリー漫画家は、頭の中の構造が全然違うと考えています。川柳と純文学の違いというか・・・。(植田まさしさん)24,810円 | トップページ | 機会があれば、北米版のブルーレイなど〝完全版〟を見てほしい。(立花珠樹さん)1,102円 »

コメント

『花戦さ』は、戦国時代のくノ一が用いた戦闘法の一種で、生花を武器にしたこところに特徴があります。歴史家の山田風太郎が当時の模様を詳細に再現した一連の「忍法帳」に、お色気と花を駆使して、宿敵を倒していく実在のくノ一が何人も登場していますが、森川葵さん157センチも、その中の一人を演じていると思われます。ただ森川さんは左利きなので、花を持つのも、毒のついた棘を扱うのも、みんな右手で演技しなければならなかったため、多大な苦労をしたと言います。特に満開の桜の樹上で繰り出す連続技の花吹雪落としには、危険も伴って大変な苦労をしたといいます。この映画最大の見所となっているので、森川ファンは、是非劇場でお楽しみください。

投稿: 木下藤吉楼アラン・テンプルトン | 2017年6月 5日 (月) 06時35分

木下さんが、なぜか森川さんに詳しいんですが、wikipediaから仕入れた付け焼刃情報でしょうか?
まあ、木下さん推薦なようなので、できたら劇場で森川さんを堪能してきたいと思います。

 自室でこの方を堪能する方法はないものかと真剣に考えてしまうほどおきれいな林田岬優さん。
wikipediaでは触れられていませんが、彼女の妹の身長が181㎝であるとネットでは話題になっています。
 高身長の女性に目がないワタシとしては、ぜひとも見下ろされてみたいですけど、どこに行ったらお会いできるでしょうか?
林田さんにおかれましては、見た目だけではなく女優として今後の活路を開いていきたい感じですが、まずは人々の耳目を集めるため妹の身長なんかも積極的に売り込みつつ、末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 徳川yeah!康 | 2017年6月 5日 (月) 08時29分

木下藤吉楼アラン・テンプルトンさんの『アラン・テンプルトン』ググってもwikipediaのページらしきものは浮上してきません。でも他にリストアップされた項目のさわり部分を読むと『ネアンデルタール人に詳しい学者さん』だとわかります。戦国時代のくノ一が用いた戦闘法に詳しい木下藤吉楼アラン・テンプルトンとは研究対象と煩悩の量が違うのは明らかです。それにしても森川葵さん、身長157センチで木下藤吉楼アラン・テンプルトンさんから好意的にイジられる実力、お見事です。第二の優香さん157センチとなるよう見守っていきたいと思います。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2017年6月 5日 (月) 12時28分

徳川yeah!康さんよりも木下さんが森川さんに詳しいのには私も驚きました。今後は私も照準を定めて注視し続けていくことにします。でも私は近眼で乱視で老眼です。だいたいのスタイルと色彩しか判別できないのでストライクゾーンが広くなってしまいます。山崎紘菜さん171センチや護あさなさん171センチや新木優子さん165センチの『監獄学園-プリズンスクール(毎日放送)のスリートップ』も注視しなきゃだし、サポートよろしくお願いします。
林田岬優さんまともな美女という感じです。この方も171センチなんですね。山崎紘菜さんと護あさなさんと林田岬優さんが並んだら幻想的な171センチワールドが聳え立ちます。その山脈に私が紛れ込むと、ハイヒールじゃないぶんちょっと見下ろしてもらえそうです。私が国家的要人になって山崎紘菜さんと護あさなさんと林田岬優さんの3人がSPとして私を警護しながら歩いてくれると仮想しただけで膝の力が抜けそうです。
林田岬優さんと私が並び立つときに漂う犯罪の匂いを消し去ることができないとい仮想を続けつつ林田岬優さんの課題クリアです。次の課題は『田』つながりで田中千絵さんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2017年6月 5日 (月) 13時27分

「辞めるんだったら、早いうちに辞めてしまったほうがいい」
と考えて、木曜日から転職します。5年目の任期よさようなら。でも、50代の転職は結構厳しいが、有資格者ということで職場で時給が一番高いという優遇措置に助けられてます。
整体&針治療に通いながら、過酷な勤務に耐えようと思います。怪しいひげオヤジではなく、今度はイケメンの院長さんを友人が紹介してくれたので、ご心配なく(*^.^*)

投稿: みんみん | 2017年6月 5日 (月) 21時48分

森川葵さんに特に詳しいわけではありませんが、森川さんは、「A-Studio」という番組の8代目のアシスタントをやっていて、その初代のアシスタントが、小泉深雪さん179センチなのでした。って、理由になっていませんが…。

投稿: 木下藤吉楼アラン・テンプルトン | 2017年6月 5日 (月) 23時01分

みんみんさんの転職に幸あれ、です。50代で退職するのはいろんな事情もあって納得できますが、次の職場が見つかるというのはまさに選ばれし者と言えるでしょう。
思い起こせば私は36歳で退職して以降、転職できずに今日に至ります。自営業は決して自由業ではありませんが、気に食わない発注者からの仕事は受注しないという調整ぐらいはできます。平日に週2回は整体&針治療よりも低コストなプールに行き体調をコントロールしたりもできます。
私は今、社外取締役への就任オファーを待っています。いい話があったら紹介してください。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2017年6月 5日 (月) 23時38分

木下藤吉楼アラン・テンプルトンさんの小泉深雪さん179センチに対する思い入れの強さを思い知らされました。『A-Studio』のアシスタントを経て売れっ子になる人も多いので森川葵さんも要注目ですね。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2017年6月 5日 (月) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/65370924

この記事へのトラックバック一覧です: 「辞めるんだったら、早いうちに辞めてしまったほうがいい」とも考えたんですけど、やっぱり好きだから辞められなくて。続けたいって思ってしまって、今ここにいます(笑)(森川葵さん)7,078,114円:

« 4コマ漫画家とストーリー漫画家は、頭の中の構造が全然違うと考えています。川柳と純文学の違いというか・・・。(植田まさしさん)24,810円 | トップページ | 機会があれば、北米版のブルーレイなど〝完全版〟を見てほしい。(立花珠樹さん)1,102円 »