« 「ラグビーは紳士のスポーツ」が建前だと気づいたのは22歳の時だった。(岩渕健輔さん)33,810円 | トップページ | 17歳の時に、出身地である山形県の霞城公園のベンチで14時頃、中学時代からかっこいいと思っていたバスケ部の小林君と。(橋本マナミさん)101,011円 »

2016年10月20日 (木)

思っていても言えないじゃないですか。見ちゃうと睨んでいると思われるから、つい目をそらすっていうのはみんなそうだと思う。でも、気持ちとしてはみんな「大丈夫だよ」って思っているから。(井ノ原快彦さん)1,414円

泣く子の周囲の人々の心境を反映させる『ひよこボタン』をNHK『あさイチ』で提言。「飛行機とか電車に“ひよこボタン”っていうのを設けておくんですよ。子どもが泣いたらみんなでボタンを押す。ピヨピヨ、ピヨピヨって」という発明。反対派の声を反映させる“ゴジラボタン”もあると良いかも。ひよこvsゴジラになってしまえば騒音もうやむやになる。

|

« 「ラグビーは紳士のスポーツ」が建前だと気づいたのは22歳の時だった。(岩渕健輔さん)33,810円 | トップページ | 17歳の時に、出身地である山形県の霞城公園のベンチで14時頃、中学時代からかっこいいと思っていたバスケ部の小林君と。(橋本マナミさん)101,011円 »

コメント

公共施設でのコドモの泣き声ってニガテです。
フシギなもので、一緒にいるオトナが周囲にちょっと会釈したりすると全く気にならなくなります。
オトナが、全く気にしないでスマホとかいじってる姿をみると非常にイライラします。コドモも親の気をひこうと泣いているんでしょうけど…。
日米を結構な頻度で往復している様子の澤田かおりさん。
国際線で泣き叫ぶコドモがいたらタマらないと思いますが、乳幼児を無理にリゾート地に連れてって泣かせるっていうのは勘弁してほしいです。乳幼児は遠方のリゾート地なんていっても楽しいはずはなく、コドモが可哀想であり、人様にはメイワクなだけです。コドモも楽しめる年齢になってから出かけたほうがいいと思うんですが…。なんか、このテーマだとチカラが入っちゃいます。世間的には偏屈なオヤジと思われるでしょうけど、みなさんの本心はどうなんでしょう?
澤田さんにおかれましては、プライベートジェットで移動なんて世界的な大スターになれば、機内のコドモの泣き声の心配も一切いりませんが、そこまで行かなくても、せめてビジネスクラスで移動できるクラスになるよう頑張りつつ、末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 徳川yeah!康 | 2016年10月20日 (木) 08時02分

井ノ原快彦さん174センチが何を言いたいのか、文面だけでは意味がわかりかねるので、身長は148センチくらいにしといてください。が、瀬戸明香さんは169センチはいつの間にか39歳になっておられました。お子さんも二人おられるようで、健やかに育っているんだろうなと勝手に想像しています。アサカボタンがあれば、オヤジ連中は四六時中、ほうけたように押し続けてしまいそうですが、そういえば、瀬戸朝香さんは特にブレイクしませんでしたが、CDも出していたなと思いつつ、写真集はなかったように思います。しかしながら、塾長が個人的に私家版を作成している可能性も高く、習慣のように慢性化した癖を生きる糧にしているかもしれません。

投稿: 木下藤吉楼シュベッツナー5 | 2016年10月20日 (木) 08時51分

徳川yeah!康さんのように「公共施設でのコドモの泣き声ってニガテ」と思う方々もストレスを溜め込んでいるわけです。そうゆう理不尽さを解決しようと考えたのが『ゴジラボタン』です。押せばゴジラの「グワオーーーンウォォン」という叫び声が出るボタンです。
井ノ原さんのようにやさしい人たちはひよこボタンで「大丈夫、気にしなくていいよ」のメッセージを発します。「いや、今回の母親は許せねえ!」とか「クソガキ、汚ねえ鳴き声でなくんじゃねえ!」という反対派はゴジラになって当事者を睨みつけずに意思表示ができるのです。
ひよこの鳴き声ピヨピヨとグワオーーーンウォォンが混然と響けば子供の鳴き声は気にならなくなります。
澤田かおりさんは芸能界がふさわしい女性です。お母さまは北見北斗高校を卒業後、音大出身で、女優もやって、司会もこなした芸能人です。その娘は日米を結構な頻度で往復して当然です。
エコノミークラス症候群には気を付けたほうがいい、と健康を祈りつつ、澤田かおりさんの課題クリアです。次の課題も『ひらがな3文字』つながりで髙橋ひかるさんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2016年10月20日 (木) 20時27分

木下藤吉楼シュベッツナー5さんの『シュベッツナー』は『シュベッツナをする人』です。じゃあ『シュベッツナ』は何なのか?『シュベッ + ツナ』です。ツナはマグロ類です。残りの『シュベッ』は遠洋漁業訛りと言われるもので、日本語の種別が多彩な出身地から集まった労働者たちによって慣用されたものです。すなわち『シュベッツナー』は「自分はマグロ係でありますっ!」という意味です。『5』はユニットの人数です。デビュー時は5人でしたが諸般の事情により、『シュベッツナー5』は木下藤吉楼さん単独で活動しています。ところで瀬戸明香さんはアラサーと20歳直前に写真集を出しています。女優業も順調だったので写真集で肌をもったいぶったりするセールスには積極的じゃなかった感じです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2016年10月20日 (木) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/64372085

この記事へのトラックバック一覧です: 思っていても言えないじゃないですか。見ちゃうと睨んでいると思われるから、つい目をそらすっていうのはみんなそうだと思う。でも、気持ちとしてはみんな「大丈夫だよ」って思っているから。(井ノ原快彦さん)1,414円:

« 「ラグビーは紳士のスポーツ」が建前だと気づいたのは22歳の時だった。(岩渕健輔さん)33,810円 | トップページ | 17歳の時に、出身地である山形県の霞城公園のベンチで14時頃、中学時代からかっこいいと思っていたバスケ部の小林君と。(橋本マナミさん)101,011円 »