« バンドであれだけ英語の曲を歌っていたのに英語の成績が悪く、進級できない恐れがあった。(安部修仁さん)31,710円 | トップページ | 年を取ったせいなのか、ワールドカップも、オリンピックも、プロ野球も、なんか、昔ほど応援に身が入らないというか、夢中になれない。これは、やっぱり、老化なのかも。(かっぺい613さん)4,101,079円 »

2016年9月 7日 (水)

もう55年?って、デビューの16歳から数えちゃった。(松原智恵子さん)37,082円

天然的な許容。今年でデビュー55周年、映画『ゆずの葉ゆれて』に主演ということで岩手日報『映画プラス』に登場。「日活に育てていただいて、日活がロマンポルノ路線に変わると、ドラマ『時間ですよ』で森光子さんに出会って、舞台『放浪記』もご一緒させていただいて。自分で道を選ぶというより、いつも巡り合わせなんです」と回想。それなりに大物。

|

« バンドであれだけ英語の曲を歌っていたのに英語の成績が悪く、進級できない恐れがあった。(安部修仁さん)31,710円 | トップページ | 年を取ったせいなのか、ワールドカップも、オリンピックも、プロ野球も、なんか、昔ほど応援に身が入らないというか、夢中になれない。これは、やっぱり、老化なのかも。(かっぺい613さん)4,101,079円 »

コメント

松原智恵子さん158センチは、1961年、日活でデビューされたのだそうです。16歳だったそうです。1961年と言えば、木下藤吉楼さんが生まれた年として知る人には知られています。同時に日活映画「銀座の恋の物語」が公開された年でもあります。映画は 石原裕次郎さんと浅丘ルリ子さんが主演をつとめていましたが、レコードは石原裕次郎さんと牧村旬子さんのデュエットでした。松原さんはこの映画に出ていませんでしたが、吉永小百合さんと和泉雅子さんと合わせて「日活三人娘」と呼ばれていた美少女でした。木下藤吉楼さんが物心ついた頃には日活映画は衰退したいたので、あんまり見ていないそうですが、松原さんのことはテレビでたくさん見たと言っています。

投稿: 木下藤吉郞z | 2016年9月 7日 (水) 07時06分

最近、アタマの回転が悪く(元々かもしれませんが…)「もう55年?って、デビューの16歳から数えちゃった。」の意味がよくわかりません。
デビューの16歳から数えて55年って、いたってシンプルなハナシでなにか勘違いするような要素でもあるんでしょうか?

wikipediaによれば昔からミュージカルが好きで宝塚に入ったというシンプルな道を歩んでいる実咲凜音さん。
宝塚っていうのは顧客は女性層なので、フェロモンを感じさせない美形ってラインですが、退団後は男性層にも強くアッピールしないと売れないので、カラダの線を強調する路線でやってほしいと思います。そういう方向性は宝塚側からなにか圧力がかかったりするんでしょうか。
美咲さんにおかれましては、宝塚の保守的な体質のなかで抑圧されてきた性的衝動を退団後は思う存分に開放しつつ、末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 徳川yeah!康 | 2016年9月 7日 (水) 07時59分

木下藤吉郞zさんの心の中には生誕以来松原智恵子さん158センチが存在し続けていることがわかりました。木下藤吉郞zさんと松原智恵子さんはうれしいことも悲しいことも共にしてきたわけではありませんが、各自それなりの苦楽を味わってきました。別な場所、別な時、別な内容の苦楽ではありますが、その中のどれかは奇跡的な共通点があるかもしれません。同時期にティッシュを持ち合わせていなくて不便を感じていたり、同時期に浴槽に浸かって「ウォアッアットワーウオォォォふう~」と極楽気分を味わってしまったこともあるかもしれません。50年を超える年月にはそれだけの厚みがあるのです。この先は自分に降りかかった苦労を「松原智恵子さんの苦労を肩代わりするのも悪くないものだ」と受け止めて暮らしていくのも幸せかもしれません。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2016年9月 7日 (水) 13時33分

徳川yeah!康さんお得意の『わからないふり』のような気もしますが、一応真に受けて説明します。
松原智恵子さんは未だに美少女イメージの女優であるから年齢はそんなに嵩んでいない感じがする → 松原智恵子さんもそう思っていたりした(これは天然か営業上か判断できない) → 芸能生活55周年というおめでたいことが発生 → うれしい。私が55年も美少女で居続けられたのもみなさんのおかげ。ありがとう → 55+16=71?17?よくわかんな~いvirgo
みたいな思考順路だったのだと思います。
実咲凜音さんは宝塚ではヒロインだったようです。女の園の中のヒロインってのは女の中の女のようなポジションです。wikipediaでは年齢が公表されていませんがちょっと調べれば26歳だと判明します。現時点で年齢非公表にしているのはいつまでも幅広い年齢の役柄に取り組んでいきたいとの意欲かと思います。
宝塚のヒロインだった黒木瞳先輩が映画『化身』で体当たりしたのは26歳、と後進の奮起を促しつつ、実咲凛音さんの課題クリアです。次の課題は『音』つながりで金子海音さんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2016年9月 7日 (水) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/64168503

この記事へのトラックバック一覧です: もう55年?って、デビューの16歳から数えちゃった。(松原智恵子さん)37,082円:

« バンドであれだけ英語の曲を歌っていたのに英語の成績が悪く、進級できない恐れがあった。(安部修仁さん)31,710円 | トップページ | 年を取ったせいなのか、ワールドカップも、オリンピックも、プロ野球も、なんか、昔ほど応援に身が入らないというか、夢中になれない。これは、やっぱり、老化なのかも。(かっぺい613さん)4,101,079円 »