« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

高額コトバ2016年7月ベストテン

【発言者】           【評価額(円)】

稲村亜美さん            9,227,210

北川景子さん            8,922,110

庭師さん              7,972,404

満島ひかりさん           7,138,101

中島亜梨沙さん           5,568,101

木下藤吉楼さん           4,510,144

二階堂亜樹さん           4,430,101

徳川yeah!康さん           4,210,127

能年玲奈さん            4,101,317

吉高由里子さん           4,027,210

今月はポケモンGOが創出した市場とは関係なく、
77,280,772円ばら撒きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1週間で2日だめでも5日は頑張る。1日だめでも6日は頑張るという風に、怠けている割合が減ってくればいいのかなと思っています。良い習慣を続けるコツを自分の性格と照らし合わせて見つけていかなければと思います。(中井美穂さん)40,000円

『第22回口腔保険シンポジウム』でのトークを読売新聞から。「私は運動をしません。食べることが好きで生活が不規則。(健康診断をすると)色々な数値が良くありません。自宅近くの診療所と大学病院、それと婦人科の専門医、歯科医とかかりつけ医を持っていて、それぞれ半年に1回チェックしています」とのこと。それはそれで健康管理の習慣である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

私が棺おけに入った時には、絶対にこの映画のポスターとかが一緒に入っているだろうな。(橋本環奈さん)310,441円

仕事やった感。初主演映画『セーラー服と機関銃―卒業―』のブルーレイとDVD発売に合わせて岩手日報『スポット』に登場。「いろいろな場面に思い入れがあるが、やはり機関銃を撃つシーンは何度も見てほしい」とPRした。裏切り工作や不正隠蔽に関与した一般人の場合、その証拠の類を「墓場まで持っていけ」と棺おけに入れられたら成仏できない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

脚本を読んだ時に疑問がなかったので、もしかしたら考え方が似ているのかも。(北川景子さん)8,922,110円

はまり役になるかどうか。『家売るオンナ(日本テレビ)』」の主演女優ということで岩手日報『スポット』に登場。自分の役について「手段を選ばないところもあるけど、うそがなくてどこか説得力がある。興味深いなと思いました」「無駄が嫌いで、与えられたことはつべこべ言わずにやるところは共感できました」とのこと。さすが元セーラーマーズって感じ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

笑いは万人に潜在的に備わった能力。それがさまざまな刺激や条件で顕在化する法則を解明したい。(井上宏さん)113,171円

笑いを学問の対象とする『日本笑い学会』の旗揚げから22年、その初代会長80歳が岩手日報『時の人』に登場。「笑いは本来の自分を目覚めさせ、命を日々再生する作用なのです。健康の維持に役立つことも知られています」と熱く語りながら笑みを絶やさなかったとのこと。「80歳でやっと到達した笑いの壺を販売中」とか言う爺さんじゃなかった模様。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

本当に簡単なものが出てきても喜んでくれるの?食パンでも?(千秋さん)101,071円

『ニッポンのぞき見太郎(関西テレビ)』でのやり取りをデイリースポーツonlineから。陣内智則さんが自宅にいる彼女に電話をかけ「簡単なんでいいから何か作ってくれる?」とお願いして帰ったら不機嫌で「急に簡単なものを作ってと言われても、冷蔵庫に用意ができてないのに何でもかんでも作れると思わないで」と言われたそうだ。実にどうでもいい話。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

野球をやめたらスノボとかサーフィンとかやりたいな。けがをしても誰にも迷惑がかからない。(黒田博樹選手)109,410円

日米通算200勝を達成した投手が岩手日報『時の人』で。生まれ変わったら投手ではなく野手がいいそうで「負け投手はあるけど、負けバッターはないから」とのこと。記事によると、真に受けちゃいけないらしい。現在はプロ野球広島に所属しているけど、出身は大阪府。ネギを背負って投球してカモにされてボロ負けしネギで切腹する姿も見せたい鴨。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

ところてんという音の響きはすばらしい。作って最後、つるしと人の口に吸い込まれるまでの工程が、全部、この音にしまいこまれているようだ。(小池昌代さん)105,610円

言葉の響きネタを詩人が読売新聞『よみほっと[味な話]』で。「心が太いと書いて、ところてん。それを知ったときはなんとなく納得した」「あれはデザートなのか軽食なのか。酢醤油と辛子で食べる。時にごまや青のりをかけることもある。思案したあげくに、最後、残るのは、『変な食べ物』という結論だ」等々コメント。調べたら整腸作用はあるらしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

社会の迷惑になりこそ、社会には貢献しない世代です。そんな連中がSNSをやっても、他人の迷惑になるばかり、被害女性は増える一方でしょう。(木下藤吉楼さん)4,510,144円

昨日の『50代男性がフェイスブックでお盛ん』ネタに対して言及。「思春期に価値相対化に感化された頭は、何事にも態度を表明せず思考停止し、社会人になった時には、バブルに甘やかされその味が忘れられず、はたまた餓鬼の頃の趣味を未だに引きずって大人買いをする子供のままの成長のとまった世代」と自身を除外せずに俯瞰。ありがとう他の世代。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

(フェイスブックで)写真を頼りに、見ず知らずの女性に友達申請している方もいるようです。(松村潤二郎さん)72,100円

読売新聞『今どきの男たち』によると昨今は50代の男性が利用を牽引しているそうだ。ウェブマーケティングコンサルタントの松村さんは「フェイスブック上での中年男性からの果敢なアプローチを迷惑と感じている人は多い。萎縮する必要はありませんが、節度を持って接したほうが人脈も広がるのでは」と助言。バブル世代のオヤジの勢いは続いている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

当時、好きでやっていたことが、すべて今の仕事の種になっています。(中川翔子さん)375,102円

読売新聞『スクールデイズ』で回想。中学校入学後友達の輪に入れず、悩む時間があるなら、それを好きなことに打ち込む時間に使おうと思い、「松田聖子さんの歌を聴きまくったり、梅図かずおさんの漫画を読みまくったりしました。ブルース・リーにあこがれ、運動が苦手なのに、ヌンチャクの練習もはじめました」とのこと。高卒後だと違っていたはず。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

自分とはかけ離れているので、色気をギューッと絞り出しました。草刈(正雄)さんの色気には負けないぞって。(中島亜梨沙さん)5,568,101円

余裕の謙遜。『真田丸(NHK)』で吉野太夫を好演中ということで岩手日報『スポット』に登場。宝塚歌劇団時代は娘役『羽桜しずく』だったのだから色気の出し方はどこのお店でも№1になれるくらい心得ているはず。「劇場では大振りな見せ方でしたが、(大河の)お座敷で踊る太夫は身の前に色気を届ける」と分析。敬意を評された草刈さんの色気は別格。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

騙し騙し使っていたプリンターがついに動かなくなった。新しいのを買ってくるのも、面倒臭いし、セッティングするのも、面倒臭いし、古いのを捨てるのも、面倒だ。第一、金が無い。なんだかな。(庭師さん)7,972,404円

悩ましい状況。『プリンター』と題されたmixi日記の全文。「よりによってこんな時に!」という要素を書き忘れているかもしれない。エアコンも遠隔操作、車も自動操縦、とか時代は「IoTへ」だそうだけど、操作対象物が故障したら故障メッセージが届くだけなんだろうな。ずっと離れた場所に。停止不能になる故障よりは動かなくなったほうがマシかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

これからもこれ以上ないってくらいの汚れ役に挑戦したいです。(矢吹春奈さん)31,013円

ニーズの喚起。公開中の映画『日本で一番悪い奴ら(監督/白石和彌)』のPR記事をnikkansports.comから。2003年にテレビ朝日のアイドルユニット『テレ朝エンジェルアイ』に選ばれ、翌年には『パルコ水着キャンペーンガール』というステイタスに固執せず、全裸前提でアピールできるのは強い。おや?『全裸前提』ってキャッチフレーズもいいかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

そう言えば最近、死んだ人の本ばかり読んでいる。(奥本大三郎さん)459,410円

仏文学者でファーブル昆虫館艦長が日本経済新聞『文化』で綴っていた。周囲と関わらずに過ごすための武装用の本を忘れて乗車した電車内でスマホを高速操作している人を見ながら「何かその種の、技能オリンピックにでも出場しようかという強い決意でもあるのかと思うほど」と報告していた。私もそうゆう選手を目撃したことがある。頑張って欲しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

1ミリでもいいから昨日より今日、今日より明日。で、最後、「挑戦・・・うっ」って言いながら死にたいんです、私。(菊間千乃さん)3,457,424円

『東京海上日動 Challenge Stories ~人生は、挑戦であふれている~(TOKYO FM)』で。フジテレビ退職後は116時間司法試験の勉強をしていたそうで、「本当に追い込まれたらできますよ。本当。だってそうだったから。そんなストレス解消とか言ってる場合じゃないんですよ。本当に人間追い込まれたらなんでもできる」とスポコンな信条を語った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

芸能界でこういうひな壇とか座って。こんなのやる人じゃないです。大使館に勤めるか、ピアニストか、CAさんとか、そっちに。勝手に我々が決めたんです。(芸能界には)もったいない。(上沼恵美子さん)3,172円

岡田結実さんが『快傑えみちゃんねる(関西テレビ)』で引退勧告されたとSponichi Annexの記事で知った。お笑い芸人の岡田圭右さんの長女というエリート芸能人が雛壇で自身の経歴を語っていた最中に上沼さん始め出演者たちからイジられたけど、「できれば続けたいんですけど、でも(大使館も)視野に入れておこうかな」と返したとのこと。出来過ぎ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

楽しくて、顔が開きっぱなしでした~!(能年玲奈さん)4,101,317円

グラビア撮影の感想。元気そうでなにより。Yahoo! ニュース「能年玲奈『のん』に改名」からFRIDAYの情報を分けてもらった。さて改名『のん』についてネットでは辻希美さんや岩尾望さんの愛称とかぶると面白がられているようだけど愛称よりも正式な芸名のほうが強い。とか話題にしている最中に「冗談でしたぁ~」と言われそうなリスクはある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

FBIは捜査をする上でルックスがいい方が情報をもらえたりする可能性もあります。逆にCIAは、自分がCIAだということを隠さないといけない立場です。だから普通の顔、中の下くらいの顔の人がちょうどいいと言われています(REINAさん)730,410円

容貌による職業適性。BSテレビ局・Dlifeで放送が始まる米国の大ヒット連続ドラマ『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』の解説を東スポWebから。REINAさんはハーバード大学院を卒業しCIAFBIからの内定を蹴ってお笑いコンビを結成した人だそうだ。美人系の顔パーツを持ちながら何か残念で完璧な顔立ちだ。芸人はなりすましでスパイかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

強盗や暴動などのニュースを見れば、治安に不安を感じるのも当然。(佐藤信人さん)37,142円

リオ五輪開催地の危険性に日本経済新聞『スポートピア』で言及。取材者も「昼夜を問わず単独での外出は禁止」「食事は全て宿泊ホテルで。ホテル外の場合はいつ、誰と食べるか事前に届け出る」「スマホは街中などでは開けて見ないように」「取材パスは必要以外は首から提げず、しまっておく」「タクシーは利用しない」など細かく指示されているそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

自分のことだったら一晩寝れば忘れます。でも、スタッフ側に文句がある時は、長引きますよね。「何であんなことさせられたんだ」とかね・・・・・・。(有吉弘行さん)1,874,510円

本音の代弁。『有吉弘行のダレトク!?(フジテレビ)』の司会ということで読売新聞『スタンバイ!』に登場。「自由にやらせてもらっている」「反省することは多々ある」など一般人の世界でも普通にありそうな状況とか、「予定調和にならないこと」との心がけを語っていた。嫌な仕事にも、他の人に任せられると思う場合と奪われたくないと思う場合がある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

自分自身で「あ、こういうことなんだ」って気付いて、さらにそれでも失敗を2回、3回繰り返すと、さすがに身に付くんですよね。(二階堂亜樹さん)4,430,101円

東スポWeb『美人プロ雀士・二階堂姉妹の勝負論』で。『卓上の舞姫』と称されているらしい。「希望をね、配牌の中に見つけていく」「結果よりも、自分が納得できる麻雀を打てるかどうか」「最終的にはすべて自己判断ってこともね」等々、信奉者にはありがたい言葉が並んでいた。この類の悟りはありふれているけど美人プロ雀士が言うと付加価値は高い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

「変化」っていうことを「成長」ってイミで使ってます。我々にとっての「変化」は「衰え」です。(徳川yeah!康さん)4,210,127円

昨日の『役柄の変化ネタ』に対してのコメント。スポーツ選手や10代のアイドルなら『成長』と言ってもポジティブな感じがするけど、25歳の将来有望な女優さんは『変化』と言い換えてイヤらしい感じを緩和しなければならない。さて我々、人生のベテランたちは当然の変化に抗って、処方されるクスリの効能に応える変化をするように期待されている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

今はたまたま真ん中に立っているだけ。(波瑠さん)3,210,072円

自分を客観視。『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(フジテレビ)』に主演ということで岩手日報『芸能プレミア』に登場。「ちゃんと変化していけるようになりたい。ずっと同じ役はできないし、自分も同じではない。自分の変化も投影しながら仕事をしていきたい」と謙虚。でも番組名に役名が入るってことはシリーズ化を託されているのだから大したもんだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

健康は幸せにつながり、幸せは平和につながる。(西邨マユミさん)810,131円

玄米菜食を中心としたマクロビオティックの大御所が岩手日報『時の人』で。かの有名なマドンナの一家で専属シェフを計10年ほど勤めて辞め、現在は世界各国で精力的に活動中とのこと。「今の日本人は毎日がパーティみたい。お酒やジュースも日常的に飲む。外食が特別なイベントだった昔の方が健康な人が多かった」と指摘。不健康は不幸せにつながり……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

カリーナのおっぱいを!(満島ひかりさん)7,138,101円

短冊に書いた願い事。アニメ映画『ONE PIECE FILM GOLD』完成披露イベントの様子をデイリースポーツonlineから。七夕にちなんで浴衣で登場し演じたキャラクターのナイスバディ願望を明かしたそうだ。日刊スポーツでは田所あずささんの浴衣撮影会を紹介。彼女が手にしていた短冊には「ゴキブリに一生出会いませんように」と書かれていた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

活躍したら、応援に来た女の子とか、チアリーダーの子とかと付き合っちゃうんだろうなぁ~。(稲村亜美さん)9,227,210円

煽情的な応援文句。日刊スポーツ高校野球応援団長に就任したそうで<稲村亜美の神スイング神トリセツ>という記事で語っていた。最近の活躍ぶりは伊集院光さんが『深夜の馬鹿力(TBSラジオ)』で「斎藤佑樹より登板している」と唸るほど。神がかりの稲村さんが「いいな~、私も球児になってもててみたいです!」というのだから効果テキメンだ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

ワタシ、お酒は仕事以外飲まず、家事は得意ですッ。   (あやまん監督さん)1,610,712円

元気そうでなにより。Yahoo! ニュースから誘導された日刊ゲンダイで近況が紹介されていた。現在37歳で、「相変わらず、下品な宴会芸はやってますよ」「いやあ、おカネを稼ぐより結婚したいの! がホンネです」「好みのタイプは“さかなクン”みたいに自分の世界をもってる人」だそうだ。仕事が繁盛すればヘロヘロで得意な家事を披露できないってこと。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

比べられるプレッシャーは感じている。(黒島結菜さん) 3,101,327円

『時をかける少女(日本テレビ)』の主演女優が読売新聞『よみほっとTV』で。「アニメ版を見て大好きになった作品なので、驚きと同時にうれしさがこみあげてきた」「喜怒哀楽を豊かに表現していきたいし、現場では全力で撮影を駆け抜けたい」とお約束な優等生コメント。私が時々1983年にタイムスリップできるのは原田知世さん主演の映画版のおかげ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

日本人の美意識にピッタリ。(佐藤綾子教授)71,222円

夫の不祥事に妻としての責任を痛感し涙を流して謝罪した高島礼子さんを評したコメントをサンケイスポーツから。パフォーマンス学の権威で日大芸術学部の教授だそうで、「少しほほえんでいたが、ウソをついていたら表情筋がこわばるのでほほえまない。つまりウソをつかず、自分の言葉で誠実に話していたということ」と分析。礼子姐さん流石って感じ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

英国がEUから離脱したら、我が世の春を謳歌するイングランド・プレミアリーグはどうなるのだろう。益は少なく、ほとんどオウンゴールに等しいのではないか。(武智幸徳さん) 550,497円

王様は裸だ系の指摘を日本経済新聞『アナザービュー』で。「プレミアリーグの繁栄は海外からの投資に支えられている」「第4回になるまでW杯に参加しなかったイングランドは大陸の動きを妙に下に見て、孤高を装う癖がある」と俯瞰。恩恵に与っていたサッカー関係者は大半が残留に投票していたと思う。票差は再試合か延長戦かPKって感じだったけどなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

私にとっては長い休み明けの作品。欲深くやりたいな、と思っています。(吉高由里子さん)4,027,210円

去年英国で初演された『レディエント・バーミン』が日本で舞台化、その主演ということで岩手日報『バックステージ』に登場。今回の出演依頼に、いったんは「難しすぎて私にはできない」と弱気になったけど、「もしこの役をほかの人が演じたら悔しい」と思い直したそうだ。いつでもウェルカムやる気満々な女優よりもランクが上の指名上位女優ってこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »