« 美白ソックス(阿部実結)4,414,106円 | トップページ | 自分の書く歌詞は変わったと思う。実演販売を通じて、年配の方々の温かい人情に触れた経験が大きい。物産展の片隅で実演をしていると、他の売り場のおばちゃんがおにぎりをくれたりする。社会への反抗を歌ったパンクロックにあこがれていたが、こんな愛すべき大人たちに文句を垂れていたのかと目が覚めた。彼らは敵ではない。一緒に戦う仲間だった。(増子直純さん)109,229円 »

2013年12月11日 (水)

広告をせずに事業を営むのは、暗闇で女の子にウインクするのに等しい。自分が何をしているのか、まわりにはまったく伝わらない。(スチュアート・ヘンダーソン・ブリット教授) 31,442円

日本経済新聞『私の履歴書』でフィリップ・コトラー氏が引用紹介。ノースウェスタン大学経営大学院で教えるかどうかの判断材料として友人に仲介してもらって最初に合ったマーケティングの教授とのこと。彼は心理学や広告の研究者で、ロールス・ロイスの助手席に大人の背丈ほどもある女性の人形をダミーの見張り役として座らせたりしていたそうだ。

|

« 美白ソックス(阿部実結)4,414,106円 | トップページ | 自分の書く歌詞は変わったと思う。実演販売を通じて、年配の方々の温かい人情に触れた経験が大きい。物産展の片隅で実演をしていると、他の売り場のおばちゃんがおにぎりをくれたりする。社会への反抗を歌ったパンクロックにあこがれていたが、こんな愛すべき大人たちに文句を垂れていたのかと目が覚めた。彼らは敵ではない。一緒に戦う仲間だった。(増子直純さん)109,229円 »

コメント

純粋人形愛至上主義者連盟の事務局では会長の愛車ゼブラー号の後ろに乗ってくれる素敵なお人形さんを大募集しています。あなたのお宅に眠っているラブラブな人形、もしくはかつて烈しく愛をそそいでいたものの現在は心変わりして長らく疎遠な関係になっている人形などを、あなたの思い出ごとゼブラー号が引き受けます。

投稿: 純粋人形愛至上主義者連盟 | 2013年12月11日 (水) 07時14分

 「大人の背丈ほどもある女性の人形」というのは限りなく18禁なグッズのような気がします。
 未成年の婦女子を指す「ギャル」というコトバを芸名にしているギャル曽根さん。
 さて、「ギャル」という名前はいくつまで通用するんでしょう?
 現在、28歳で既婚でありお子さんもいらっしゃるとのことで実社会で「ギャル」などと自称したら張り倒されることでしょう。
 ギャル曽根さんにおかれましてフードファイターブームも過ぎており、ママタレなんかも狙っていることでしょうが芸名の変更も視野に入れつつ末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 寝業師 | 2013年12月11日 (水) 08時12分

純粋人形愛至上主義者連盟の広報は『仮面ライターV6』のリーダーである庭師さんに一任しています。全くミスのない人なのですが、このたび私の自転車の後ろに乗ってくれる人形の募集告知で条件に関して不備な点があったので補足します。(1)人形のような生身の婦女子でも可(2)交通警官との戦闘に挑む気骨があること(3)背中から腹に手を回してギュッと抱きつくと胸がムニュッとする機能があること、以上の3点です。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2013年12月11日 (水) 21時34分

寝業師さんと同じ映像を私も思い浮かべていました。
人形は日本製ではないので人間とは思えない品質ですが、金髪で青い目の若い女性は人間でも人形にみえるので遜色ありません。何かを叫んでいるように口は開けっ放しです。ね?全く同じ映像でしょ?
ギャル曽根さんは料理の腕前をアピールしたり、通常のタレント扱いにも順応したり、フードファイター以外の活動領域もまあまあ頑張っています。フードファイターオンリーでは食っていけないということでしょう。
山本益博さんの名言「食えなくなったら食っていけなくなる」を回想し噛み締めつつギャル曽根さんの課題クリアです。次の課題は28歳で既婚でありお子さんもいらっしゃるつながりで福田萌さんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2013年12月11日 (水) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/58733542

この記事へのトラックバック一覧です: 広告をせずに事業を営むのは、暗闇で女の子にウインクするのに等しい。自分が何をしているのか、まわりにはまったく伝わらない。(スチュアート・ヘンダーソン・ブリット教授) 31,442円:

« 美白ソックス(阿部実結)4,414,106円 | トップページ | 自分の書く歌詞は変わったと思う。実演販売を通じて、年配の方々の温かい人情に触れた経験が大きい。物産展の片隅で実演をしていると、他の売り場のおばちゃんがおにぎりをくれたりする。社会への反抗を歌ったパンクロックにあこがれていたが、こんな愛すべき大人たちに文句を垂れていたのかと目が覚めた。彼らは敵ではない。一緒に戦う仲間だった。(増子直純さん)109,229円 »