« 自分の子供の頃を思い出しても、もはやリアルな感覚は持ち得ない。ところが、ビートルズやストーンズの当時の曲を現在聴いても、リアルな感覚で楽しみ、新たな感動を得たりするのだから、音楽は不思議なものだ。(庭師さん) 171,510円 | トップページ | 高額コトバ2013年4月ベストテン »

2013年4月30日 (火)

街で人混みに溶け込めないとだめらしい。俳優さんも電車に乗る時はオーラを消すでしょう、と言われたけど、僕は元々オーラがないんでね。(高橋克実さん)540,874円

役作りこぼれ話TBS『確証~警視庁捜査3課』の主演俳優が読売新聞『スタンバイ!』で「本物の同課の元刑事に聞いた」と語った。松田優作や萩原健一に憧れて俳優を目指し、52歳で叶った念願。「憧れの刑事ドラマに榮倉ちゃんとダブル主演……。何だかふわふわした変な気持ちです」とのこと。頭頂部の具合に親近感を感じるのでとても応援したい。

|

« 自分の子供の頃を思い出しても、もはやリアルな感覚は持ち得ない。ところが、ビートルズやストーンズの当時の曲を現在聴いても、リアルな感覚で楽しみ、新たな感動を得たりするのだから、音楽は不思議なものだ。(庭師さん) 171,510円 | トップページ | 高額コトバ2013年4月ベストテン »

コメント

人の髪型にもいろいろありますが、高橋さんと言えば、ある時期までとても不思議な髪型をされていました。最近ではその記憶も薄れているようですが、それはおかしな髪型でした。当時の写真を引っ張り出して、あの髪型をもう一度再現してもらいたいと思うファンは、…あんまりいないでしょう。髪型に対するこだわりがなくなってから、俳優として売れ出したような気がしないでもありませんが、スラリとした榮倉奈々さんとの競演、うらやましい限りです。

投稿: (財)7・3~1・9七変化機構 | 2013年4月30日 (火) 05時46分

 芸能人の一日警察署長なんかは溶け込んじゃうと全く広報にならなくてNGです。芸能人の皆さん、機会がありましたら、役作りしないで臨みましょう。
 普通の高校生から一躍人気アイドルのオーラを纏うようになった小嶋陽菜さん。AKBのメンバーは最初からオーラを放っているというより、ヲタの視線にこねくり回されているうちに身に着けていったような気がします。
 小嶋さんにおかれましては、これからトップアイドルとして生き残るか元アイドルとして落ちぶれるか、今が勝負のときかもしれません。人ごみにのみこまれることなく末永くご活躍いただきたいと思います。
 

投稿: 寝業師 | 2013年4月30日 (火) 08時15分

(財)7・3~1・9七変化機構はヘアメイクアスリートの処世術を鍛錬するために日夜ハゲんでいます。風も吹かない室内でカットやセットの練習をするヘアメイクアーチスト連中とは違う過酷な環境に自らの頭部を晒してハゲんでいるのです。筆頭インストラクターは『迷彩の鶏冠』で周囲を圧倒し続ける庭師さんです。私が1・0・1ヘアのコンプレックスを吐露したところ、「手間が省けると前向きに考えて生きるが良い」と助言してくださいました。おかげさまで周囲からは眩しいと評価されるようになりつつあります。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2013年4月30日 (火) 13時34分

寝業師さんは芸能人の一日警察署長を選ぶとしたら有無を言わせない女王様タイプを選ぶんでしょうね。賛成です。警察署ジャックしてしまうくらいのスゴイ女性がいいと私も思います。
気がつけばAKBの中で小嶋陽菜さんは年長組なのですが、意識はアイドル度が高いようです。アキバ云々のコンセプトにも合致しています。
アキバ系な熟女ニーズを受け止める新ジャンルの素材としてAKBに留まり続けてもらうのもアリかもしれないと思いつつ小嶋陽菜さんの課題クリアです。次の課題は今が勝負のときかもしれないつながりで佐野優子さんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2013年4月30日 (火) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/57276071

この記事へのトラックバック一覧です: 街で人混みに溶け込めないとだめらしい。俳優さんも電車に乗る時はオーラを消すでしょう、と言われたけど、僕は元々オーラがないんでね。(高橋克実さん)540,874円:

« 自分の子供の頃を思い出しても、もはやリアルな感覚は持ち得ない。ところが、ビートルズやストーンズの当時の曲を現在聴いても、リアルな感覚で楽しみ、新たな感動を得たりするのだから、音楽は不思議なものだ。(庭師さん) 171,510円 | トップページ | 高額コトバ2013年4月ベストテン »