« 人生にはいろんな選択肢があります。人によって分岐点は違うし、道の長さも違います。(松井玲奈さん)5,430,101円 | トップページ | 外より温かいコーラ、どうぞ。(渡辺敬治さん)233,210円 »

2013年1月18日 (金)

冗談じゃなくてね願望よ。(井上由美子先生)2,100,171円

想定の仕分け。テレビ朝日『おトメさん』で梶原美由紀(鈴木砂羽)が水沢麻子(黒木瞳)宅前の路上で雑談中に放ったセリフ。願望とは「姑が昨日老人会に行ったきり帰ってこない。もう二度と帰ってこないかも」だった。夢でも妄想でも希望でも予定でもなくて、願望。若者が夢を持てる社会、なんて言葉に甘んじてはいけない。様々な願望が実現する社会を!

|

« 人生にはいろんな選択肢があります。人によって分岐点は違うし、道の長さも違います。(松井玲奈さん)5,430,101円 | トップページ | 外より温かいコーラ、どうぞ。(渡辺敬治さん)233,210円 »

コメント

 秘めたる願望は外に表したいのだけど色々あってそうもいかず…。
 無難なのは冗談めかして言うしかないです。「えっ?マジ」って突っ込まれたら「うふっ」って曖昧に返すのが作法です。
 曖昧に「うふっ」なんてことせずに常に直球で返されそうな瀧口友里奈さん。あいまいな答えでは選択式のセンター試験を乗り越えられません。人間関係も「殺るか」「殺られるか」で判断されそうで怖いです。
 瀧口さんにおかれましては「なんとなく、このままパッとせずに終わりそう」という周囲の予想をひっくり返していただき、優秀な頭脳を武器に末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 寝業師 | 2013年1月18日 (金) 08時14分

鈴木砂羽といえば、高橋伴明監督作品の『愛の新世界』で映画デビューされた女優さんですが、この映画には、原作やらカメラマン役やら、スチール写真やらでアラーキーが深く関わっていましたが、高橋監督の奥さんは、関根時代に、小説『屋根のない車』の著者である河村季里さんと共に、仕事を投げ出してアジアに遁走したことで有名です。その模様は、河村さんの『愛の巡礼』という本に詳しいのですが、1980年当時、流行だった池田満寿夫の装丁で角川から出されて、誰もが池田満寿夫の本だと間違えてしまいました。装丁で本を買う塾長のお眼鏡にかなったことはいうまでもありません。

投稿: 極東北「愛の別世界通信」編集部 | 2013年1月18日 (金) 11時47分

寝業師さん、ノウハウご教示ありがとうございます。
冗談めかして言って「えっ?マジ」って突っ込まれたら「うふっ」って曖昧に返すんですね?これで勝率アップできるならやるしかないでしょう。「いつやる?」って突っ込まれたら「今でしょ」って速攻で返してみます。
瀧口友里奈さんは曖昧な問答はしないと思いますが、殺るか殺られるかの2択ではなく、弄ぶか弄ばれるか、悦ぶか悦ばせるか等を加えた6択ぐらいから正解を選び続けると思います。
瀧口友里奈さんが私の選択権を握っていたらどれを選ばれても瞬時に正解にしてみせたいものだと妄想しつつ、瀧口友里奈さんの課題クリアです。次の課題は、東京大学文科三類つながりで三浦奈保子さんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2013年1月18日 (金) 12時29分

極東北「愛の別世界通信」編集部の三鷹特派員は『視姦の鬼神』こと庭師さんです。三鷹界隈の情報を発信するのではなく、三鷹を拠点に別世界を見極めて世間に晒すのが任務です。関根恵子さんが高橋恵子さんになる前の過去は新世界じゃなくて巡礼だ、とか、『愛の巡礼』の著者は池田満寿夫さんじゃなくて河村季里さんだ、とか、『愛の新世界』の監督は荒木経惟さんじゃなくて高橋伴明さんだ、とか、曖昧になりがちな過去を整理する能力に長けています。私のピンボケ眼鏡では装丁で想定して本を買ってしまいますのでありがたいです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2013年1月18日 (金) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/56563932

この記事へのトラックバック一覧です: 冗談じゃなくてね願望よ。(井上由美子先生)2,100,171円:

« 人生にはいろんな選択肢があります。人によって分岐点は違うし、道の長さも違います。(松井玲奈さん)5,430,101円 | トップページ | 外より温かいコーラ、どうぞ。(渡辺敬治さん)233,210円 »