« 姿勢というものが変わってしまうと、そこにいる意味がない。 (イチロー選手)54,874円 | トップページ | 高額コトバ2012年12月ベストテン »

2012年12月31日 (月)

この曲が好きだった人を思い出したり、その曲が流行したとき大事に思っていた人の姿が胸をよぎったりもする。   (有働由美子さん)2,110,171円

流行歌による記憶の浄化作用。朝日新聞のコラム『TVダイアリー』の4回目は流れ的に『紅白歌合戦』の番宣になった。「今年の紅白のテーマは『歌で 会いたい。』。心の中で誰と会えるのか、今から楽しみにしている」ときれいに締め括った。その当時が苦痛として甦る人は、恋愛に限らず、心の整理がついていない。私には今聞いてもぞっとする曲がある。

|

« 姿勢というものが変わってしまうと、そこにいる意味がない。 (イチロー選手)54,874円 | トップページ | 高額コトバ2012年12月ベストテン »

コメント

1980年、巷ではジャン・ポール・サルトルがなくなり、山口百恵の「さよならの向こう側」がヒットしていた時、ひたすら向こう側を見据えていた少年がいました。少年は三原順子の「セクシーナイト」を口ずさみながら、まだ流行の兆しもなかった安倍晴明の呪術を会得しようと、一人、修行に励み、自分を失いそうになると、松村和子の「帰ってこいよ」を歌っては、踏みとどまったと言います。少年とはもちろん、我らが塾長です。当時の努力が現在のアベノミクスチャーに結実していると言っても過言ではありません。

投稿: 極東北流行戯歌調査隊 | 2012年12月31日 (月) 07時50分

極東北流行戯歌調査隊の鼓笛隊でシンバルを担当しているのは庭師さんです。待機時間の多い打楽器はバトントワラーのようなパフォーマンスでエンターティナー性を高めて楽隊のアピールに貢献する傾向がありますが庭師さんは560度違います。そうです『視姦の鬼神』だからです。前楽曲の総時間と女性観客総数を瞬時に割り出して均等に見つめます。屋内ホールは明るい演目でも湿っぽくなります。その庭師さんには私のことなど全てお見通しのようです。三原順子さんはともかく、どうして松村和子さんで?と思いますが、あの頃はストライクゾーンも広くて広くて。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2012年12月31日 (月) 17時28分

 昔の思い出のセットで音楽って確かにあります。
 有働さんの曲の思い出は異性がらみが多くてエッチですね。
 人気テレビ番組のテーマ曲として日本国民のほとんどが知っているであろう火曜サスペンス劇場の主題歌と歌っている岩崎宏美さんはセットで記憶されてます。多分、他にもヒット曲はあるのでしょうが、他の曲の記憶は淘汰され火サスだけになってしまいました。
 海辺の断崖ではみな口ずさむあの曲は「聖母たちのララバイ」ってタイトルだったことを今思い出しました。
 岩崎さんにおかれましてはその後の消息はまったく存じませんが、多分、引退はしていないと思われますので正統派シンガーとしてチャラチャラしたオネエチャンアイドルに負けず末永くご活躍いただきたいと思います。

投稿: 寝業師 | 2012年12月31日 (月) 20時50分

寝業師さんからのお裾分けのおかげで1985年前後の流行歌は私の中では永遠のグレイテストヒットだらけです。
クリスマスに最も胸キュンな曲はワムのラストクリスマスです。あの頃スキーを口実としてどんだけ金使ったんだろう。
岩崎宏美さんは『聖母たちのララバイ』があることでステイタスを保っていますね。『シンデレラ・ハネムーン』はコロッケさんに提供した楽曲だと割り切った方が良いでしょう。
というわけで、岩崎宏美さんの課題クリアです。次の課題は、火曜サスペンス劇場の主題歌つながりの割と最近から『ハナミズキ』の一青窈さんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2013年1月 1日 (火) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/56430667

この記事へのトラックバック一覧です: この曲が好きだった人を思い出したり、その曲が流行したとき大事に思っていた人の姿が胸をよぎったりもする。   (有働由美子さん)2,110,171円:

« 姿勢というものが変わってしまうと、そこにいる意味がない。 (イチロー選手)54,874円 | トップページ | 高額コトバ2012年12月ベストテン »