« 主審が何を見ていたかは分かりませんが、私は主審の判定を尊重します。(佐々木則夫監督)5,410,073円 | トップページ | これがゴールなら感動して泣き崩れていたでしょうが、このメダルが僕の価値ではない。これからの人生が僕の価値になる。(村田諒太選手)451,018円 »

2012年8月12日 (日)

結婚後、妻の実家に行くときに、自分だけ何駅か手前で降りて、20キロとか30キロを走ったりもした。(君原健二さん) 410,371円

あくまでも練習。マラソンランナーとしての意欲の一端を日本経済新聞『私の履歴書』で語った。「練習で無理をしてみないと、自分にとって、どこから先が無理なのかわからない」と「意図的な無理」を提唱。さて私の場合、自発的に降りたんじゃなく長万部あたりで降ろされたとしたら、伊達紋別に向かって走る根性など無い。盛岡に帰る列車を待つ。

|

« 主審が何を見ていたかは分かりませんが、私は主審の判定を尊重します。(佐々木則夫監督)5,410,073円 | トップページ | これがゴールなら感動して泣き崩れていたでしょうが、このメダルが僕の価値ではない。これからの人生が僕の価値になる。(村田諒太選手)451,018円 »

コメント

 君原さんは、やはりスポ根世代なのでしょう。ワタシたちにはわかりやすいです。「巨人の星」世代。ど根性演歌です。
 ど根性演歌系は炎天下の中で水分補給禁止を言い渡されうさぎ跳びをしていました。
 ところが「タッチ」以降のさわやか系は、朝晩の涼しい中でポカリスエット飲みながら練習しています。
 AKBの中の演歌歌手なんていうのは「タッチ」系の典型です。

 そういえば、おにゃんこの中にも演歌歌手をもぐりこませる手法をとってましたね秋元さん。

 考えてみたら、AKBのメンバーは「タッチ」以降に生まれているんですね。
 岩佐美咲さんは演歌の情念なんて必要ありませんから、ミニスカートにブレザー着ながらこぶしコロコロ末永くご活躍いただ期待と思います。
 
 

投稿: 寝業師 | 2012年8月12日 (日) 07時12分

無宿人は、全国に存在していましたが、股旅者は、関八州の街道筋にしか存在していません。一日に十里を歩き続けたといいますから、現在の単位に換算すると、40キロになります。当時は、一般の旅人でも五里は歩いたと言いますから、昔の日本人はよく歩いたものだと感心します。鑑定士さんも、「あっしには関係ねえことでござんす」などと言わずに、本来の日本人の歩行能力に立ち返って、歩き出してみてはいかがでしょうか?

投稿: 新極東北股旅紀行 | 2012年8月12日 (日) 08時49分

寝業師さん、『巨人の星』はやっぱり演歌ですよね。
『アタック№1』も演歌かな。と思っているうちに主題歌が演歌っぽい世界観だと気づきました。『あしたのジョー』もブルースのフリして実態は演歌です。
時代がちょっと進んで『ドカベン』は陽気なお祭り演歌みたいになっています。『いなかっぺ大将』と同じジャンルのようです。あ、それって、音頭っていうヤツか。
時代がグーンと最近になって『メジャー』になるとJポップとやらになります。エアコンの利いたレコーディングスタジオで水分補給しながら歌っています。
さて、岩佐美咲さんの課題、クリアです。次の課題は、秋元さんが潜り込ませた演歌歌手つながりの自主提案を尊重して城之内早苗さんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2012年8月12日 (日) 13時57分

新極東北股旅紀行の編集長は股間の第一人者として名を轟かせる庭師さんです。第一人者ですからご自身の股間のまつわるエピソードにも事欠きません。ところで昔の人、農耕が定着していなかった頃は歩き続けるのが生きることみたいな状況だったんでしょうね。農耕定着後でも股旅者は1日40キロですか。長万部⇔伊達紋別は徒歩圏内ですね。普通の旅人でも20キロとは参りました。最近じゃ、自転車で3キロでも運動したぞって感じだもんなあ。遠方の高校に自転車で通学している人は出席日数だけで卒業させてもいいと感じます。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2012年8月12日 (日) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/55400831

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚後、妻の実家に行くときに、自分だけ何駅か手前で降りて、20キロとか30キロを走ったりもした。(君原健二さん) 410,371円:

« 主審が何を見ていたかは分かりませんが、私は主審の判定を尊重します。(佐々木則夫監督)5,410,073円 | トップページ | これがゴールなら感動して泣き崩れていたでしょうが、このメダルが僕の価値ではない。これからの人生が僕の価値になる。(村田諒太選手)451,018円 »