« 確か…「るりたん」だ、とか言われた。(千葉なつ海さん) 392,101円 | トップページ | 恋愛危険条項1『今この時だけでいいと思うと未来は無い』 (山田玲司先生)161,245円 »

2012年2月19日 (日)

俳優のモーガン・フリーマンのようなあの優しい瞳の黒人を今も忘れることができない。(佐久間良子さん)390,445円

回想ラブストーリーの一場面。鶴田浩二さんとの不倫まで自供して話題になっている日本経済新聞『私の履歴書』も連載17回目。『哀愁デート』と題した今回は「『愛の逃避行』の出発点はメキシコだった」と書き出して、ニューヨークを経由してロンドンで平幹二さんと密会するまでの顛末。アイドルKやAが私との関係を狂言暴露してくれたら認めたい。

|

« 確か…「るりたん」だ、とか言われた。(千葉なつ海さん) 392,101円 | トップページ | 恋愛危険条項1『今この時だけでいいと思うと未来は無い』 (山田玲司先生)161,245円 »

コメント

 もう、時効というヤツでしょうか。
 ワタシも時効を迎えたら告白したいことを今からでも経験してみたいものだ。
 熊谷さんはなでしこジャパンの経験だけで、後は全く何もない人生でも凡人の人生よりはハデですね。

投稿: 寝業師 | 2012年2月19日 (日) 07時30分

元夫の平幹二郎さんがゲイらしいというのは有名なので、佐久間さんの今後の発言に注目したいところですが、佐久間さんの東映入社時の同期には、故・山城新伍さんがおりましたが、やはり佐久間さんの連載では、山城さんなんかよりビッグな鶴田浩二さんの話題が多いようですが、鶴田さんの長女はカーロン愛弓といって「父・鶴田浩二」を新潮社から、三女の鶴田さやかさんはマガジンハウスから「父・鶴田浩二の影法師」を出版されており、どちらも鶴田ファンは必読の書です。

投稿: 極東北自由恋愛束縛懇談会 | 2012年2月19日 (日) 08時40分

寝業師さんに関する時効のアレコレ、知っていますが語らないでおきます。これから新たな内緒を積み上げていくことに関しては支持したいと思います。
さて熊谷紗希たんの課題クリアです。次の課題は人生つながりで島倉千代子たんです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2012年2月19日 (日) 09時09分

極東北自由恋愛束縛懇談会では『父・鶴田浩二』シリーズの第三弾出版の構想があり、その執筆はネ申ライターV3として数々の書評をこなしてきた庭師さんということでまとまったようです。鶴田さんの長女・カーロン愛弓さんによる『父・鶴田浩二』と三女の鶴田さやかさんによる『父・鶴田浩二の影法師』とは別の立場から書き下ろす本のタイトルは『父・鶴田浩二じゃないけど』でいく予定だったらしいのですが、マーケティング面が弱いと再検討され、『もし高校野球の女子マネージャーが祖母にオマエの祖父は鶴田浩二と言われたらマジパネェ』に変更されるようです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2012年2月19日 (日) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/54019071

この記事へのトラックバック一覧です: 俳優のモーガン・フリーマンのようなあの優しい瞳の黒人を今も忘れることができない。(佐久間良子さん)390,445円:

« 確か…「るりたん」だ、とか言われた。(千葉なつ海さん) 392,101円 | トップページ | 恋愛危険条項1『今この時だけでいいと思うと未来は無い』 (山田玲司先生)161,245円 »