« 色彩を1年間覚えているのは、人間でもなかなか難しい。記憶の一側面では、人間より優れている可能性がある。    (杉田昭栄教授)241,890円 | トップページ | 一番驚いているのが、あたし。(由紀さおりさん)        1,028,109円 »

2011年12月 8日 (木)

もう何を持とうが「女の子」と言われることはないという開き直りが、好みの低年齢化を、私に許した。(岸本葉子さん) 3,704円

好みの自制解除。年相応の彩りについて日本経済新聞『シングルの老い支度』で見直し発言。仕事をしていく上で、「何のかんの言っても女の子」とつけ入られる隙を与えないための防衛手段として40代までは地味だったけど、今は「脱モノトーンが急速に進行中」だそうだ。隙を演出する技が「女子力」として着目されている世相とは関係ないようだ。

|

« 色彩を1年間覚えているのは、人間でもなかなか難しい。記憶の一側面では、人間より優れている可能性がある。    (杉田昭栄教授)241,890円 | トップページ | 一番驚いているのが、あたし。(由紀さおりさん)        1,028,109円 »

コメント

人間にはそれぞれ、分相応とか年齢相応という不文律があります。これを破ると島流しになったり村八分になったりしたものですが、近年は流し用の島も、八部にする村も不足がちです。そんな現状を憂えて、阿部塾では島と村の研究に取り組むことになりました。今回、顧問として、岸本洋子さんに参加を要請していますが、塾長の悪い癖が出て、未だにアポ取りがうまくいっていません。とはいえ、塾長に催促など出来る身分ではありませんので、相応な対応をしていきたいと思っています。

投稿: 道徳友の会所持品検査部 | 2011年12月 8日 (木) 06時44分

道徳友の会所持品検査部の部長補佐の庭師さんから軽く催促されましたが、まだアポ取れないんですよ。ごめんなさいねでございます。アポが取りたくて何度も足を運んでるんですよぉ。直接本人にお会いして、事情を説明して、私の立場にもご配慮いただいたりしてるんですよぉ。かたじけないと思いつつ話が本題から逸れて盛り上がったりして、結局アポ取るの忘れちゃうんですよ。ホントごめんなさい。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2011年12月 9日 (金) 14時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/53430837

この記事へのトラックバック一覧です: もう何を持とうが「女の子」と言われることはないという開き直りが、好みの低年齢化を、私に許した。(岸本葉子さん) 3,704円:

« 色彩を1年間覚えているのは、人間でもなかなか難しい。記憶の一側面では、人間より優れている可能性がある。    (杉田昭栄教授)241,890円 | トップページ | 一番驚いているのが、あたし。(由紀さおりさん)        1,028,109円 »