« もしかして入院してますか!?(蝶世姉妹の母さん)   2,403円 | トップページ | 言い訳する時間を差し上げます。(上田晋也さん) 375,042円 »

2011年7月15日 (金)

エロ本のくだりじゃなくて…。(蝶世姉妹の母さん) 3,142,240円

採用事情。お見舞いに先立って、メールで気遣ってくださった件を伏せて別件採用したら感謝された。のに翌日お約束の温存採用。「中途半端に公表かよっ!」ですが、入院中ネタ不足の特殊事情、ご容赦願います。尚、腹を下したため見舞い延期とのことですが、見込み患者は病院に捕獲されるので体調万全の時にしてくださったほうが良いかと思います。

|

« もしかして入院してますか!?(蝶世姉妹の母さん)   2,403円 | トップページ | 言い訳する時間を差し上げます。(上田晋也さん) 375,042円 »

コメント

エロ本のくだりといえば、早熟な塾長が11才の時に、初めて手にしたあのエロ本のことですね。目下、探索中につき、もう少々お時間を頂きたいと思います。しかし、候補は絞られています。一番確率が高いと思われるのは、しかし、エロ本ではありませんでした。かつて長町に存在していた銀映座という小さな映画館が、常連客向けに毎年一冊発行していた冊子、『銀映年報』の「お色気女人風呂特集号」ではないかと思われます。

投稿: 阿部塾古書探索部 | 2011年7月15日 (金) 08時01分

阿部塾古書探索部は生産性の無い収集癖をいかんなく発揮してくださっており、その功績にはただただ感謝です。ただ、長町の銀映座はちょっとわからないのです。当時の俺様、どこに目つけてほっつき歩いてたんだか。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2011年7月17日 (日) 15時52分

銀映座は、中央通り沿いの、現在の東日本ハウス社屋のあった辺りに、かつて存在した小さな映画館です。最初は、由緒正しい映画館の2号館だったようですが、私が知っているのは、エロ映画専門になってからです。さすがに私も小学生でしたから、入ったことはありません。そのほかにも、新田町(現在は夕顔瀬町というのでしょうか、夕顔瀬橋を渡った先の商店街です)にも小さな映画館があったように思います。

投稿: 盛岡仮死字引 | 2011年7月18日 (月) 17時25分

盛岡仮死字引さん、解説ありがとうございます。商店街のはずれとかにピンク映画やストリップ小屋があると街を思い浮かべると風情を感じる気がするのは完全に青少年期昭和世代ですね。そんな街、もう無いし。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2011年7月19日 (火) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/52210619

この記事へのトラックバック一覧です: エロ本のくだりじゃなくて…。(蝶世姉妹の母さん) 3,142,240円:

« もしかして入院してますか!?(蝶世姉妹の母さん)   2,403円 | トップページ | 言い訳する時間を差し上げます。(上田晋也さん) 375,042円 »