« 台本が出来るまでには、削られたセリフがたくさんある。その人が口にしなかったことを常に考えて演じています。  (中谷美紀さん)2,002円 | トップページ | わたしは何も言っていない。彼らの判定を称賛し、サムアップ(親指を立てる)しただけだ。もし欧州サッカー連盟や彼(審判員)に自分の考えていることを言ったら、わたしのキャリアは終わるだろう。(ジョゼ・モウリーニョ監督)   5,000円 »

2011年4月28日 (木)

現実を削らないとドラマにできないんです。(杏さん) 1,010,501円

フジテレビ「グータンヌーボ」でドラマ『名前をなくした女神』の撮影裏話を披露。「母親たちの怖さはデフォルメしてるの?」と聞かれて、むしろ逆だと答えた。隣の子の試験を妨害するために消防車を呼んだり、受験番号を入手して合格辞退の電話をしたりするらしい。現実のほうがとっても怖いのだそうだ。それらのエピソードを別な番組で活用するのは当然。

|

« 台本が出来るまでには、削られたセリフがたくさんある。その人が口にしなかったことを常に考えて演じています。  (中谷美紀さん)2,002円 | トップページ | わたしは何も言っていない。彼らの判定を称賛し、サムアップ(親指を立てる)しただけだ。もし欧州サッカー連盟や彼(審判員)に自分の考えていることを言ったら、わたしのキャリアは終わるだろう。(ジョゼ・モウリーニョ監督)   5,000円 »

コメント

野球には興味がないものの、野球部のマネージャーには、執着心を示す人は多いものです。その思いが結実したのが、『三陸野球少年団』という幻の映画です。原作には存在しなかったマネージャーの役を、杏さんが演じるといいます。このキャスティングは、杏さんの父親の謙さんが『瀬戸内野球少年団』でデビューしたからだと言われています。しかしながら、『瀬戸内~』の主役だった故夏目雅子さんを越える女優さんが『三陸~』には不在だったため、観た人もいず、幻の映画となってしまいました。

投稿: 三陸野球少年団マネージャーファンクラブ | 2011年4月28日 (木) 06時37分

三陸野球少年団マネージャーファンクラブの会員はクラブと呼べるほどいません。人数が少なくてカッコつかない場合もあるのですが、他のファンクラブに助っ人を頼んだりせず、自分の周りには100人のファンがいるという妄想で熱気を興します。実人数550人で東京ドームを満員にすることもできます。有名になるまで実父の存在を伏せて活動していた頃の杏さんにとって父は妄想だったのかも知れません。そのへんを会員がこれまた都合よく解釈するもんだから支持される理由のひとつになってしまいます。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2011年4月28日 (木) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/51511959

この記事へのトラックバック一覧です: 現実を削らないとドラマにできないんです。(杏さん) 1,010,501円:

« 台本が出来るまでには、削られたセリフがたくさんある。その人が口にしなかったことを常に考えて演じています。  (中谷美紀さん)2,002円 | トップページ | わたしは何も言っていない。彼らの判定を称賛し、サムアップ(親指を立てる)しただけだ。もし欧州サッカー連盟や彼(審判員)に自分の考えていることを言ったら、わたしのキャリアは終わるだろう。(ジョゼ・モウリーニョ監督)   5,000円 »