« 何で俺だけ悪いみたいなってんねん。アホちゃう。     (ダルビッシュ有選手)2,289円 | トップページ | 富良野でカニって言っても本州の連中には通用しますから。(大方直哉くん)240,403円 »

2010年11月 6日 (土)

「小説のために作られた楽曲というのは歴史上初めてかも知れない」と思うと、深い感慨がありました。(村上龍さん) 107,109円

先駆者特権。電子書籍に関して庭師さんがmixi日記で語った所感に寂しさを感じつつ、リンク先へ。電子書籍についてわかりやすくまとめられた文章の中に、小説『歌うクジラ』のためのオリジナル曲が坂本龍一さんから届いた時の気持ちが書かれていた。「『源氏物語』全巻を持ち運ぶのは無理ですが、電子化すれば携帯が可能です」という流れを一応納得。

|

« 何で俺だけ悪いみたいなってんねん。アホちゃう。     (ダルビッシュ有選手)2,289円 | トップページ | 富良野でカニって言っても本州の連中には通用しますから。(大方直哉くん)240,403円 »

コメント

書籍の分野もいよいよ産地直送バトルに突入した感があります。印刷屋と本屋がなくても、本(…この場合、本なのだろうか)の販売が可能な流れができていくのでしょうね。地方の印刷屋さんは、どうやって生き残っていくのか、という大きな問題はさておき、電子書籍の場合、ブツがデジタル・データなので、宅配業者も必要ありません。村上さんは、コストも順次公開していくと宣言していますから、かなり画期的です。ところで、電子書籍やネットって、電気がなくても使えるんでしたっけ?

投稿: 庭師 | 2010年11月 6日 (土) 06時34分

庭師さんがさておいた『地方の印刷屋さんは、どうやって生き残っていくのかという大きな問題』は私にとっては死活問題なのですがさておき、現物書籍の流通・取次を仕切ってきたトーハンと日販はこの先どうなるつもりなんでしょうね。その鮮やかな方向転換ぶりを参考にして身の振り方を考えたいと思います。EXILEの振りを真似するよりも前沢牛の霜降り肉のポジションのほうが私の身の振り方の参考にはなりそうですが。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2010年11月 6日 (土) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/49939087

この記事へのトラックバック一覧です: 「小説のために作られた楽曲というのは歴史上初めてかも知れない」と思うと、深い感慨がありました。(村上龍さん) 107,109円:

« 何で俺だけ悪いみたいなってんねん。アホちゃう。     (ダルビッシュ有選手)2,289円 | トップページ | 富良野でカニって言っても本州の連中には通用しますから。(大方直哉くん)240,403円 »