« 10代の頃の私は筋金入りの処女(倉田真由美先生) 282,102円 | トップページ | いかにひどい一日だったかを嘆くブルースの歌詞は、それを表面的に伝えるだけでよかったのか。(小林克也さん) 10,308円 »

2010年5月18日 (火)

グラドルの「グラ」ってグラビア印刷のグラだったの?  (小笠原利行さん)10,971円

専門家ゆえの網点、じゃなくて盲点。オフセット印刷とシルク印刷の特性について私が宇夫方先生と語り始めたとたん割り込んいらっしゃった。話は順当に活版印刷を経てグラビア印刷に進化、そこで私が、「グラドルって言うけど、印刷手法から名付ければ今はほとんどがオフドルだね?」と言ったらキョトンとしておられたので解説して差し上げた次第。

グラビアート
イーキャスト

|

« 10代の頃の私は筋金入りの処女(倉田真由美先生) 282,102円 | トップページ | いかにひどい一日だったかを嘆くブルースの歌詞は、それを表面的に伝えるだけでよかったのか。(小林克也さん) 10,308円 »

コメント

本年度のグラフィック印刷大賞ノミネート作品の一号は、おかもとまりですが、対抗馬として浮上してきたのが、復活した?千葉麗子です。が、個人的には小泉深雪さんの写真集が出版されることを切に希望しています。

投稿: 極東墨消し指南幸三郎 | 2010年5月18日 (火) 06時11分

極東墨消し指南幸三郎さんの小泉深雪さんへの想いはギシギシと伝わってきましたが、彼女ほどの上背があると現在の一般書籍サイズに収めるにはポーズの制約があるかもしれません。直立姿勢も彼女の魅力ですから変形サイズも検討すべきでしょう。ニーズはあります。おかもとまりさんには今のうちにもっと露出してもらいたいです。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2010年5月18日 (火) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/48388156

この記事へのトラックバック一覧です: グラドルの「グラ」ってグラビア印刷のグラだったの?  (小笠原利行さん)10,971円:

« 10代の頃の私は筋金入りの処女(倉田真由美先生) 282,102円 | トップページ | いかにひどい一日だったかを嘆くブルースの歌詞は、それを表面的に伝えるだけでよかったのか。(小林克也さん) 10,308円 »