« 「飽きた」っていうのはねえ、たっぷり使ってみてから言うべきでしょう?(林晶子さん)4,510,014円 | トップページ | 友達も先生も毎回楽しみにしてくれて、作るのが楽しくて、壁に貼るのにもかかわらず両面に書いていました。   (中島華子さん)7,878円 »

2010年3月 5日 (金)

この本100円だよ100円。値段で買ってきたけど面白い。(小笠原利行さん)100円

世相漂う読書。読んでいたのは『もう一つの万葉集(著/李寧煕)』。「万葉集は古代韓国語で詠まれていた」という仮説で、政治と色恋度合いの強い新解釈を盛り込んだ本、だと私は読みもせずに当時の枝葉情報からザックリ記憶していた。バブル景気最高潮、近鉄がダイエーに勝ってパ・リーグ優勝した1989年刊。あの頃は娯楽で読書する時間なんてなかった。

|

« 「飽きた」っていうのはねえ、たっぷり使ってみてから言うべきでしょう?(林晶子さん)4,510,014円 | トップページ | 友達も先生も毎回楽しみにしてくれて、作るのが楽しくて、壁に貼るのにもかかわらず両面に書いていました。   (中島華子さん)7,878円 »

コメント

1989年といえば、昭和崩御と手塚治虫の死去、ベルリンの壁がなくなり、壁の上で森高千里が「17才」を歌えば上出来になるはずだった年ですね。

投稿: ミニスカ鑑賞同好の徒 | 2010年3月 5日 (金) 07時30分

amazonがあつかってる中古の文庫本は結構1円のものがある。
トーゼン送料はかかるのだが…。

投稿: 寝業師 | 2010年3月 5日 (金) 12時39分

ミニスカ鑑賞同好の徒さん、1989年はベルリンの壁の上で森高千里が「17才」を歌えば上出来どころか、「ベルリンの完璧な17歳」というアートが誕生するはずだった年です。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2010年3月 5日 (金) 17時23分

寝業師さん、送料込みで1円という商品をネットで見つけたら教えてください。誰も売り出していないなら私が「1円均一インターネット市場」を立ち上げます。それでも利益が見込めるビジネスモデルが私にはあります。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2010年3月 5日 (金) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/47723229

この記事へのトラックバック一覧です: この本100円だよ100円。値段で買ってきたけど面白い。(小笠原利行さん)100円:

« 「飽きた」っていうのはねえ、たっぷり使ってみてから言うべきでしょう?(林晶子さん)4,510,014円 | トップページ | 友達も先生も毎回楽しみにしてくれて、作るのが楽しくて、壁に貼るのにもかかわらず両面に書いていました。   (中島華子さん)7,878円 »