« 藤竜也さんにお会いして話をすることが出来た。      (まんぞうくん)8,740円 | トップページ | そのときカメラは回っていません。でも、次の取材のときにはもう一歩踏み込めると思います。(高橋尚子さん) 4,530,000円 »

2010年2月 9日 (火)

高橋尚子さんに紹介されたら買っちゃいますよね。   (服部尚樹さん)3,000円

アスリートのセレブ話。雄星選手が以前から興味を持っていた酸素カプセルを、ファイテン社と所属契約を結んでいた高橋さんが年末に花巻東高を取材で訪れた際に紹介したらポンと(420万円也)お買い上げ。「高級車を3年ごとに買い換える人はいますからね。で、酸素カプセルっていいんですか?」と聞かれたけど、私には150分の借用経験すらありません。

|

« 藤竜也さんにお会いして話をすることが出来た。      (まんぞうくん)8,740円 | トップページ | そのときカメラは回っていません。でも、次の取材のときにはもう一歩踏み込めると思います。(高橋尚子さん) 4,530,000円 »

コメント

阿部さま、優秀な誰に依頼するかで売れるか売れないかが決まる商品ですねー。私がその酸素カプセルをたがいて(抱えて)回っても、阿部さまにさえ買ってもらえない。ポスターなんかも同じですね。着想だけで売れるポスターができることはない。優秀なディレクター・デザイナー、コーディネーターが必要なんですね。近年、つくづく思います。

投稿: 忍者 | 2010年2月 9日 (火) 09時14分

酸素カプセルは、かなり大きいので服用するには時間がかかりますが、初心者はハードタイプよりソフトタイプを利用するといいでしょう。1日1カプセルを、45分から90分かけて服用します。すると血中の酸素濃度が増大するので、体の隅々にまで酸素が行き渡るようになります。細胞レベルでの代謝が活性化し、血流が改善するので、出血したら止まりづらくなるという欠点がありますが、抜群のプラセボ効果を発揮します。病は気から! どんな難病もプラセボ能力を強化させれば克服できます。hitomiの「LOVE2000」を聞きながら服用するとより効果が高まります。

投稿: (極)柔売本舗 | 2010年2月 9日 (火) 11時52分

忍者さん、世の中には自覚するとガッカリすることがいっぱいありますから、ある程度うっかり生きていく決意も必要です。私は松屋で食べたいものを食べずに財布と相談してしまう自分を自覚しながら、どんなにたらふく食ってもちっぽけな人間だと思いつつ、自分の商売相手も多くは自分とどっこいどっこいはっけよいだ、と思い込んでやり過ごしています。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2010年2月 9日 (火) 18時25分

(極)柔売本舗さんの説明を聞き間違えて食後に1日3回服用していました。食事時間よりもクスリの服用時間が長くて困ったと思っていたのですが、体調はバッチリでした。プラセボ効果というやつですかね。幸い出血もなかったのですが、オヤジくさいといわれるようになりました。酸素カプセル服用後、体中から何かが出ているような気がしますが、貧乏くさいといわれるよりはいいかな、と思っています。とりあえず1日1カプセルにして様子をみることにします。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2010年2月 9日 (火) 18時33分

阿部さん、酸素過多になると、引火しやすくなるので、火傷や火事の原因になります。くれぐれも用法を守って服用してください。そうすれば、潜在しているプラセボ能力が強化されて、自ずと健康が導かれるはずです。プラセボ能力をいかに鍛えるかが、健康の分かれ目と言って過言ではありません。

投稿: (極)柔売本舗 | 2010年2月 9日 (火) 21時30分

(極)柔売本舗さん、飲み込みの悪い私にご丁寧にアドバイスありがとうございます。燃える男と言われて期待されながらマウンドに上がっても思い通りの投球が出来なかったのは酸素肩が原因だったのですね。でもバッター相手に「プラセボーッ!」と叫べば能力は発揮できると知ってますます酸素カプセルが飲みたくなりました。本当にありがとうございます。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2010年2月10日 (水) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/47517754

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋尚子さんに紹介されたら買っちゃいますよね。   (服部尚樹さん)3,000円:

« 藤竜也さんにお会いして話をすることが出来た。      (まんぞうくん)8,740円 | トップページ | そのときカメラは回っていません。でも、次の取材のときにはもう一歩踏み込めると思います。(高橋尚子さん) 4,530,000円 »