« 退団公演でやっと裸の自分になれました。(春野寿美礼さん)13,000円 | トップページ | 話は落語ではないので面白いものではないと。(服部尚樹さん)200,000円 »

2009年2月 9日 (月)

ワタクシの毛糸の子達を快く引き受けてくれるあのひとに今回もお嫁に出しました。(蝶世姉妹の母さん)9,191円

完成後の定め。手芸部『下を向く会』の直近の成果が、なかよしブログ『ユーカリ日和』で発表されていた。作品は「去年からちょっとづつ作っていた」ティーコーゼとポットマット。寝る時間もないほど多忙なのに、作らざるをえない衝動だけでクイクイと生み出されたストレスの塊。自分ちでさえ不要なのにお構いなしの情念に、バザーでは上クラスの評価を。

|

« 退団公演でやっと裸の自分になれました。(春野寿美礼さん)13,000円 | トップページ | 話は落語ではないので面白いものではないと。(服部尚樹さん)200,000円 »

コメント

そう、微妙なんですよ。
必ずしもプレゼントの気持ちだけではないあたりが・・・。
大量生産してバザーに出す時間はないし・・・。

投稿: 蝶世姉妹の母 | 2009年2月 9日 (月) 01時19分

蝶世姉妹の母さんの手芸活動は営利目的ではないことは明確ですね。そりゃ、買い手が付けばホイホイ売るでしょうけど。積極的な人助けじゃないからNPO事業でもありませんね。高値が付けば暴利をむさぼるでしょうし。抑えきれない創作という点ではマインドは芸術的ですね。このような衝動が、大学生当時に爆発していれば早々に手芸服飾デザイナーとしての人生を歩んでいたかも知れないですが、40代50代デビューでも構わないわけですから、このエネルギーは持続して、手芸に打ち込んでください。売れると判明した瞬間から、私は全力でマネージメントをお手伝い致します。いつの日か一緒に大金持ちになりましょう。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2009年2月 9日 (月) 01時44分

昔の知り合いに、手編みのマフラーやセーターを送りつけるのを趣味にしているミOOちゃんという人がいました。襟首のタグには、ローマ字でミOOの文字。我々はそれをミOOブランドと呼んでいました。もちろん、彼女は、いつもミOOブランドを着ていた男と結婚しました。

投稿: 山師 | 2009年2月 9日 (月) 14時50分

山師さんからもらった毛糸の腹巻、もしやと思って確認したらニ○○の文字が。ニセブランドですね。処分します。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2009年2月 9日 (月) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/44003221

この記事へのトラックバック一覧です: ワタクシの毛糸の子達を快く引き受けてくれるあのひとに今回もお嫁に出しました。(蝶世姉妹の母さん)9,191円:

« 退団公演でやっと裸の自分になれました。(春野寿美礼さん)13,000円 | トップページ | 話は落語ではないので面白いものではないと。(服部尚樹さん)200,000円 »