« たぶん今、小笠原さんの頭の中では『ヘルシオ』を『セルシオ』だと思っている。(千葉なつ海さん)66,800円 | トップページ | 真理が散歩して、僕は反省して散歩の帰りを待っていたら、24年間経っちゃった。(玉置浩二さん)3,030,729円 »

2009年2月25日 (水)

「蛆(うじ)が光って見えた」という青木さんの文章を私のインドで撮影した写真集の中で使わせてください。(本木雅弘さん)5,586,000円

承諾願いの一文。光岡自動車が新型霊柩車『おくりぐるま』を発表した日、『おくりびと』のアカデミー賞関連ニュースをポチポチしていたら、映画製作のきっかけとなったコトバにイザβ版で辿り着いた。原作となった『納棺夫日記(著/青木新門)』との出会いは15年前、当時27歳とのこと。返事は、「自由に使ってください」だったそうだ。筋は通すべき。

|

« たぶん今、小笠原さんの頭の中では『ヘルシオ』を『セルシオ』だと思っている。(千葉なつ海さん)66,800円 | トップページ | 真理が散歩して、僕は反省して散歩の帰りを待っていたら、24年間経っちゃった。(玉置浩二さん)3,030,729円 »

コメント

棺桶グッズも色々あって、私が最近見たものでは分割式担架に感心しました。たとえば病院で亡くなった方の場合、最初に遺体をその担架の上に寝かせます。そのまま自宅まで運びます。担架ごと布団に寝かせます。一見しても、布団と遺体の間に担架があるようには見えません。納棺も担架ごと行い、その後、ワンタッチで分割、棺桶の中から担架を回収します。確か、四分割されていたと思います。死後硬直しても納棺が簡単になるように、担架で整形しているとも見えました。

投稿: 山師 | 2009年2月25日 (水) 09時03分

山師さんは、棺桶グッズマニアでいらっしゃったのですか?そのつもりがないのに知識が集まってきたのだとしたら天性です。納棺士、天職かもしれませんよ。もしもそうなら、急がないと。納棺士は一昨昨日から人気職種になりましたから。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2009年2月26日 (木) 00時42分

現在では、納棺は、葬儀屋さんの必須業務です。納棺師として独立して仕事は難しいですね。それに既に湯棺で起業した人もいますし…。遺産整理屋さんも流行っていますし…。

投稿: 山師 | 2009年2月26日 (木) 01時12分

山師さんは、その道に詳しいのですね。既に湯棺で起業した人がいても山師さんなら大丈夫でしょう。そうゆう流れになったら運命だと思ってください。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2009年2月26日 (木) 03時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/44168180

この記事へのトラックバック一覧です: 「蛆(うじ)が光って見えた」という青木さんの文章を私のインドで撮影した写真集の中で使わせてください。(本木雅弘さん)5,586,000円:

« たぶん今、小笠原さんの頭の中では『ヘルシオ』を『セルシオ』だと思っている。(千葉なつ海さん)66,800円 | トップページ | 真理が散歩して、僕は反省して散歩の帰りを待っていたら、24年間経っちゃった。(玉置浩二さん)3,030,729円 »