« 年齢が上がるとシモの加減が上手になるんじゃないですかね。若い人はむちゃぶりするから。(糸井重里さん)5,949,109円 | トップページ | 誰が相手役なのか台本を見ないとわからなかったですから。(浅丘ルリ子さん)734,410円 »

2008年9月15日 (月)

広告批評、休刊になるって知ってた?(鈴木多鶴子)883,141円

今さら情報。でも知らなかった。「何日か前の新聞」を手がかりに92日の読売新聞「雑誌不況 大手も悲鳴」の見出しに到達。メインで取り上げられていた休廃刊誌は「月刊現代」「ROADSHOW」、名前だけの紹介は「主婦の友」「週刊ヤングサンデー」「PLAYBOY日本版」「広告批評」。広告批評はコンクールで何度かお世話になったのでやっぱ寂しい。

Playboy / Lisa Matth...
Playboy Home Video

|

« 年齢が上がるとシモの加減が上手になるんじゃないですかね。若い人はむちゃぶりするから。(糸井重里さん)5,949,109円 | トップページ | 誰が相手役なのか台本を見ないとわからなかったですから。(浅丘ルリ子さん)734,410円 »

コメント

『宝島』が月刊になってまだ存在しているなんて、誰も知らなかったし、『明星』が『Myojo』になって、ジャニーズ専門誌になっていることなんて、知っている人はいない。

投稿: 山師 | 2008年9月15日 (月) 10時00分

山師さん、あらためて考えると「宝島」も「Myojo」も生き延びるだけのニーズはあるように感じます。「週刊ポスト」と「週刊現代」は中年男性のフトコロ具合の探りあいで寂しい展望、「週刊大衆」と「アサヒ芸能」もシノギの削り合いが厳しさを増すばかり。そんな中「週刊実話」だけは世間に嘘が蔓延る限り安泰でしょう。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2008年9月16日 (火) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/42476540

この記事へのトラックバック一覧です: 広告批評、休刊になるって知ってた?(鈴木多鶴子)883,141円:

« 年齢が上がるとシモの加減が上手になるんじゃないですかね。若い人はむちゃぶりするから。(糸井重里さん)5,949,109円 | トップページ | 誰が相手役なのか台本を見ないとわからなかったですから。(浅丘ルリ子さん)734,410円 »