« 巻き添えを食らわれてしまわれました。(まさやようこさん)1,000円 | トップページ | 高額コトバ2007年8月ベストテン »

2007年8月31日 (金)

あれがアレしたのさ。やっぱダメだ…。(小笠原利行さん)590円

コトバの貯金箱採用への挑戦。「最近頭が固くなってる」「ジタバタしてると美人職員がフォローしてくれてそっちのコトバが採用されるし…」と冷静に分析。その後オフィスの奥から文庫本「寝台特急『北斗星』殺人事件」を持ってきて「いいコトバあったんだよ。犯罪者はロマンチスト…」と朗読開始。それじゃ該当者は作者の西村京太郎になちゃうわけで…。

自己ベスト
ファンハウス

|

« 巻き添えを食らわれてしまわれました。(まさやようこさん)1,000円 | トップページ | 高額コトバ2007年8月ベストテン »

コメント

ロマンチストと西村京太郎の顔がマッチしないのと同じように、今日の広告の小田和正は、あの高い声と、実はべらんめえ調の性格とがマッチしていない。変声した記憶がないという小田和正は、ほとんど事故のような声をしている。で、西村京太郎は事故で潰れたような顔をしている。と色々と考えたのだが、本文と広告との関連が不明だ。

投稿: 庭師 | 2007年8月31日 (金) 04時03分

庭師さん、本分と広告の関連解説、お得意なはずなのに。私を試そうとしてません?
「寝台特急の闇夜を劈くような汽笛、殺人事件による悲鳴」と「小田和正の声」との関連性が明白です。いくらなんでも「採用への挑戦」と「自己ベスト」が結びついたのではないと思います。

投稿: 鑑定士 阿部 | 2007年8月31日 (金) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112487/16287155

この記事へのトラックバック一覧です: あれがアレしたのさ。やっぱダメだ…。(小笠原利行さん)590円:

« 巻き添えを食らわれてしまわれました。(まさやようこさん)1,000円 | トップページ | 高額コトバ2007年8月ベストテン »