« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

2006年 各賞追加

《チェンジアップで賞》 服部尚樹さん

寒暖差のある一人時間差攻撃的な投稿姿勢。

《今頃大忙しで賞》 林晶子さん

温泉旅館で寛げない境遇に敬意を表して。

《見切り品処分ビッグディナー賞》 和田アキ子さん

今年のトリを飾ってもらえば豪華かなあと思って追加しただけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年 各賞発表

《コトバの貯金箱グランプリ》 為末大選手

  今年の最高値ネタの提供者。総額部門との2冠。

《流通言語賞》 横澤寿郎様

  最多のコメントを獲得したネタの提供者。

《述べる不経済学賞》 石川貴浩さん

  ネタと広告の関連性推察という新領域開拓の貢献。

《内閣総理大臣は見てないで賞》 小笠原利行さん千葉なつ海さん

  ネタ提供者としての最多登場数、仲良く24回ずつ。

《問答セレクション金賞》 石川貴浩さん

  コメント欄での群を抜いたからみ具合。

《環境デザインの一種で賞》 小笠原利行さん

  ネタの拠点としての顕著なヘディング数。

《最優秀過少賞》 及川英俊さん

  最低査定額で採用されたネタの提供者。

《最優秀珍人賞》 岩井聖史さん

  トラックバック回数の特異な多さによる功績。

《してやったりで賞》 河合純子さん

  いつの間にか無断でリンクしていたから。

《本末転倒で賞》 原田聖子さん

  ご自身のブログ更新回数を上回る登場回数。

《おかん出て見ぃ賞》 八重樫あゆみさん

  子育てを合間にしながらの頻繁な登場回数。

《哀川賞》 三浦了くん

  かっちょええアニキだから。

《ワケありで賞》 三田地道明さん

  「三田地道明スケベ」で3件検索させた実績。

《やっちゃったで賞》 石原真理子さん

  13人の10倍以上の訪問者を誘い込んだ実績。

《ワケわかんないで賞》 阿部実結

  2歳から3歳にかけての偶然の産物に対して。

《審査員と区別賞》 笹平拓さん

  何かとアシストしてくれたから。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006 年間コトバ累積額ベストフィフティーン

【発言者】 【評価額(円)】
為末大選手 60,000,000
糸井重里さん 55,000,000
中村俊輔選手 50,000,000
五日市俊哉さん 49,800,000
金本知憲選手 35,319,634
陣内智則さん 30,000,000
清原和博選手 26,200,000
中村誠先生 21,550,000
大方直哉くん 20,778,620
杉山弘道さん 20,016,115
小笠原利行さん 16,557,163
郷ひろみさん 16,351,635
八重樫あゆみさん 15,389,904
鈴木洋さん 15,000,000
高橋けい子さん 13,089,178

今年は日経平均が17,000円台に乗せて終えたのとは関係なく654,975,724円もばら撒いていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高額コトバ2006年12月ベストテン

【発言者】 【評価額(円)】
糸井重里さん 55,000,000
金本知憲選手 33,333,333
陣内智則さん 30,000,000
八重樫あゆみさん 13,750,980
小笠原利行さん 7,158,021
斎藤英樹さん 6,400,000
小島良平先生 2,550,000
刑部真弘副学長 2,442,200
千葉なつ海さん 2,352,500
吉田壮一さん 373,000

今月は日興コーディアルグループの会計がアーデアル事態に驚いて153,761,724円もばら撒いちまったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花世母さんは、掃除もファッションから入るんですね。(蝶世母さん)3,650,980円

洋服代に毎日1万円使えるセレブなライフスタイルの奥様と誤解させるようなコメント。花世母さんは妻ですが、実はファッション分野での賞賛は生涯初となる快挙。なかよしブログ「かり日和」での親交を通じてムリヤリ言わせたような評価、だけど縁起がいいので嬉しい。16年間終わることの無かった年末の大掃除が今年こそ終わる、そうゆう気がしてきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

こっちも譲らんとあかんやろう。いい評価をしてくれたから。(金本知憲選手)33,333,333円

男気。藤本球児選手の査定が渋かったり、井川慶選手の大リーグ移籍を承諾したり、内容はともかく阪神タイガースのメリハリある対応が私は好きだ。で、契約更改のトリを努めた金本選手は3年トータルで1億円近い金額を自ら返上した。「金額で譲ってくれたなら、口では評価しようじゃないか」という処遇に慣れ親しんでいる私は大阪発の浪花節に涙した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

「それ川股さん持ってきたお菓子だよ」ったら菅野さんビクっとしてらっけ。(小笠原利行さん)21円

外部告発。某デザイン茶屋では菅野さんが来るとお菓子がたちまち無くなるので様々な対策を講じている。菅野さんのほうが先輩なのにビクつく理由は川股さんがホンモノだから。ファミマのボクのおやつシリーズも川股さんが「ボクの」とひとこと言えば川股のおやつシリーズになる。そんな茶屋で菅野さんからのお歳暮の歌舞伎揚げを1枚いただいた。

おやつ
ポリドール

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

藤原紀香に嫁いだと言われないように頑張りたい。     (陣内智則さん)30,000,000円

ツッコミ封じ。日本テレビで行なわれた婚約発表会見の様子を一夜明けてテレビ朝日のワイドスクランブルで見た。藤原紀香はカネかかる女じゃなく「カネ稼がせる女」だと思う。しっかり者ぶりが会話の中に光っていた。4.5カラットのダイヤの婚約指輪でさえも質草に感じさせるほど豪華な女房は「いずれ陣内は伸びる」と踏んでいると思われる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

自慢する人いないから、自慢してもいいスか?(小原明男さん)40,000円

二眼レフカメラを見せびらかされた。「ローライフレックスなら2030万円なんですが、これはプリモジュニアといいます。上のレンズが被写体見る用で下が絞りとか……中略……奥さんには黙っててバレたらまずいので一応話してから買いました」とのこと。私が共感できたのは自慢したい気持ちと、自分のお小遣いでも奥さんの確認が必要だという部分。

ジャニーズジュニア 素顔
ジャニーズ・エンタテイメント

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

アタシよく言われるぅ~、カネかかんねえ女だねえって。(ふじポンさん)3,060円

エフエム岩手「魁!ミュー塾」で。「うまいもん食おっか?」と聞かれて「マック」とか答えるそうだ。「カネかかんねえ女だね」は誉めコトバである。私の周囲には「カネかかる女」が何人かいるのでそう思う。1回のバリューセットを思い出に100円マックを10回継続できるような金銭感覚が望ましい。ふじポンさんにはマック年末年始1週間分を進呈。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

審査員も落とされるくらい公正な審査なんだから。ホントにもう…。(中村誠先生)50,000円

JAGDAの誇り高き裏事情。なんとJAGDA岩手の忘年会は中村先生を招いての開催。それは全国からJAGDA会員が盛岡に集う可能性もあったけど、大切なクリスマスイブにぶつけることで10数人に納まった。で、中村先生や福田先生や浅葉克己と並んで入選したりする浅沼謙多郎さんは今日の会費全員分を賞金にしてもいいくらい凄いのかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

監督が代わるたびにコーチがみんな入れ替わっていては、長期的な強化が出来ない。(高田繁さん)680円

チーム強化の視点。日本ハムのGMとして手腕を振るう高田氏のコトバを朝日新聞be「逆風満帆」で。小学生の頃から天才ぶりを発揮し、長嶋、王がいた巨人軍全盛期でも「本当の意味で練習したのはあの時(張本入団で左翼から三塁にコンバート)だけ」だそうだ。単身赴任で夫人から教わった卵入り野菜炒めも今では店で出せるくらいのお手並みなはずだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

ホントにカタコトの日本語、好きヨ日本のオジサン。(杉田かおるさん)20,000円

外国人留学生への適切なアドバイス。TBS系の特番「とってもアイチテル」で一人暮らしをしようと考える中国人女性(26)に「とにかくアルバイトは危険だ」と力説。ところが日本で暮らす各国代表女性の一人として番組出演していたリトアニアの女性(23)がノーパンだと判明し、ゲストの小泉孝太郎さんが父親譲りの笑顔に。いずれ仕方ないのだ、と思った。

父親
日本クラウン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

海への興味とすごい知識。ぜひうちで学位をとらせたい。(刑部真弘副学長)2,442,200円

東京海洋大学の客員助教授として講義したさかなクンに対する評価と打算の交錯。学内では「タレントなんかに」という声もあったくらいなのでタレントとしては認められている。推薦入学で学費免除は当然。さらに入学時の契約内容には東京海洋大学の学生としてタレント活動した場合の「出来高払い」や「単位振替特約」を盛り込んでもいいくらいな感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

オレさぁ、ヤングサークルの会長だったんだ。(小笠原利行さん)6,995,000円

36年ぐらい前の話。前身となる「若者サークル」を引き継ぐ際に名称を「ハイカラ」にし、500円程度の会費を集めてはハイキングとかを企画していたらしい。サークルの趣旨はグループ交際だけどテニスやボウリング等に特化していないため「自由時間だらけ」だったと思われる。豪華なマイクロバスがあればアダルトサークルになっていたかもしれない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

どうせアタシを狙ってるのなんて殺し屋くらいだ。(斎藤英樹さん)6,400,000円

まさやようこのセリフだけど脚本家の手柄。劇団ゼミナールのコントライブ「神様のいるクリスマス」の中の「愛しの受付嬢」で。こうゆう女は実在する。男も実在する。最近は武士の一分やロシア関連の事件もあり毒を盛ったり盛られたりはブームの兆し。殺されたあげく加害者が保険金をせしめたら、絶対に成仏せず確実に呪い殺すような心がけが必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

とりあえずカルビ。(竹内力さん)49,980円

ポジティブなオーダー姿勢。日テレ系「ものまねバトル40!」で有吉弘行が披露した竹内力ネタは実話に基づくとのこと。「のど渇いたなあ。姉ちゃんカルビクッパ」や、はなわの「ユンソナをコンソメと読み間違うネタ」も良かった。でも品切れが起こりうる年末の賑わいの中で実用性がある点を評価した。ビールは肉を確保して焼き始めてからでいいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

免許の更新直後と直前が危ない。(桜田清嗣くん)3,150円

運転者の心得。ゴールドのペーパードライバーはゴールド免許で当然だけど、実力でゴールド免許を維持しようとするとなぜか困難が訪れる。たぶん変わるのは周囲ではなく自分。「捕まるカモ」という気持ちが沸々として鴨運転になるようだ。平常心でうっかり更新できるように心がけたい。上盛岡駅前には一方通行&一時停止という猟場があるので要注意。

所ジョージ発 運転時好感音楽集
ユニバーサルインターナショナル

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

風のある村は金のある村になったのさ。(高橋けい子さん)290円

補助金の美談。とある行政区が補助金を使うために補助先を探しているようだという話題から山形県立川村の「風力発電技術による再生」に。「あそこはねえ役場の人間が自分の村は貧しいって知ってて本気で救おうとしたから偉い。ところでアベさん今何時だと思う?」と言われて時計を見たら朝6時。松屋に寄って再生する気力も無く家に帰りましたとさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

娘を使ってオイシイ物を食べ、自分をなにげに宣伝する。ああ!なんて無駄がない。(八重樫あゆみさん)10,100,000円

思い出して送った自慢ネタへのリアクション。我が家への賞賛なので、契約成立で話題をさらったはずの松坂大輔選手を抑えて採用。収入総額が松阪選手の年棒レベルなら年間で1%無駄を省いても結構な金額になる。娘が箸を使いこなす点についても「うちのは全くやる気がありません。ちっ。」と言及。我が家の場合は天性の才能によるものだから仕方ない。

疲れをとる エアロビクス
株式会社エムティアール

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

合衆国の「衆」ってなんで「州」じゃないんでしょ?(千葉なつ海さん)95,000円

素朴な疑問。文字で記せばこのとおりだけど、音声で聞いた場合には何がなんだかわからなくて「は?」と聞き返した。その後「合衆国の衆は『皆の衆』とか『烏合の衆』とかの衆だけど国の集まりなんだから『本州や九州の州』でいいのにと思って」と説明された。正解はさておき、州民の一人としてまず言葉の壁を乗り越えるために手ごろな教材が必要だろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

この格好でタイの街を歩いたのは恥ずかしかった。(インリン・オブ・ジョイトイさん)91,470円

初めてきいた弱音。TBS系「明石家さんちゃんねる」のゲストとして期待に応えて持参した撮影エピソードのひとつ。工藤静香さんが「チョンチョンチョンですもんねえ」と評した衣装は必殺技のM字開脚よりドッキリもの挑発的なセクシーさにはない禁断のムードがもわっと漂っていた。撮影日便乗鑑賞ツアーの企画があれば参加したいと感じてしまった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

関西では「おやじ」のニュアンスをいくつかに区別して話している。(吉田壮一さん)373,000円

言語感覚の地域性。広島生まれで大阪育ちの岩手のアキンドがドリームゲート経由で面接相談に訪れた。エスキモーは雪に関する単語が多いケースとは異なる「同じ単語のバリエーション」。ミナミの店の「ママ」と20歳過ぎた大人の「女の子」に囲まれてモニターになる豪遊をしなければならないくらいの研究意義がある。相談案件が軌道に乗った暁には宜しく。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2006年12月12日 (火)

日本に帰ってきてるはずです。(千葉なつ海さん)210,000円 + 787,500円 + 1,260,000円

大物みたいな扱い。情報筋っぽい報告をされる人物が盛岡あたりにいること事態が珍しい。愛情表現に関してはアジアの数カ国を操るとも噂されるその男はテレビCM3本(納品間際のA、実施段階のB、企画段階のC)をバランス良く日本に放置し「別な仕事として」海外に旅立っていた。スッキリと気持ちよい回答を留守を預かっていた人々に示して欲しい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

「孫の孫まで産まれてまごまごしてる」「たまご?」(山崎キヌ83歳5か月&阿部実結3歳1か月)100,000円

天然漫才。ボケもツッコミも天然。ネタの最中に本人が笑うようでは面白さも濁る。その点、真顔でネタを披露する83歳と3歳のコンビはお笑いの基礎がしっかりしている。というか天然だから私が笑ってもウケた理由がわからないようだった。このネタだけで年末年始の敬老興行ツアーを飛び入り強行しても、そこそこのおひねりをゲットできそうな気がする。

年代別流行歌~明治・大正~ 美しき天然
コロムビアミュージックエンタテインメント

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人にしてもらったほうがいいってわかってるから、行きます。(佐々木優子さん)6,000円

職人の内輪事情。足つぼマッサージを受けたら「獲物を締め付ける蛇みたいな姿勢でお仕事されてますね?」と見抜かれた。「施術者の方々は肩が凝らないのですか?」と尋ねたら「そりゃ凝ります」とのこと。歯科を選ぶなら歯科医が通う歯科、マッサージはマッサージ師が通う店、コピーを書いてもらうならコピーライターが外注する人に頼めば確実だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

まちなかのけものみち(小島良平先生)1,200,000円

無名の通路の総称。「MOSS」除幕式の後、設計士の中居敬一先生に「建物脇の非常通路も洒落た小道にした」と案内されて感服した心地のまま喫茶店へ。「大通り商店街にはメインストリート側から隣の通りまで内部を抜けられる建物が数件ある」と私が話したら即ネーミングされた。なかなかの通路名として親しまれて定着すれば月千円くらいの価値はある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

「なかなかのまちなか」メイドイン盛岡を旗印に…(以下省略)。(横澤寿郎様)5,000円

挨拶の一部。盛岡市大通のダイエー跡地のテナントビル「MOSSビル」のオープニング祝賀会にて。会場の約600人の中で面識のある方はロゴのデザインを手がけた小島良平先生だけ。事業主さんとの面識も無いのにコピーの考案功労だけで招かれた私は場違いだったけどコピーの一人歩きを確認し、お祝い以上に飲み食いして引き出物まで頂戴し有意義だった。

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2006年12月 8日 (金)

私は自分の人生を書いただけですので。(石原真理子さん)1,260円

ゆるぎない言い訳。恋愛遍歴を著した「ふぞろいな秘密」に相手を実名で記した件について。朝日テレビ系「ワイドスクランブル」の記者会見生中継をわざわざ録画で観た。小泉今日子さんが「なんてったて秘密」を出版したら真偽はともかく私は実名で記されたら男冥利に尽きる。石原真理子さんが選抜した13人から私が漏れたことは不幸中の幸いである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

ブログ更新し忘れ?(小笠原利行さん)3,000円

状況確認のメール。忘れちゃいません。ココログがメンテナンス中でした。コメントを記入しようとすれば「メンテナンス中」と出た。でもそれじゃ読むだけの人にはわからない。私の安否をブログの更新で確認してお見舞いを用意していた読者もいるかもしれない。ニフティは株式上場の前に生まれ変わろうとしてるようだけど、こんなじゃ市場の支持は…。

骨盤教室 入門編
ポニーキャニオン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

ほら見てみてコレひらがななの。すごいでしょ?(坂田洋子先生)4,000円

新居マンションのエベレータ自慢。「開閉」はひらがな表記で「ひらく」「とじる」のほうが一目瞭然。この人は私の従姉。親族にヨウコが多いため娘に何と呼ばせようかと思っていたらいつの間にか娘は洋子先生と呼んでいた。で、娘は洋子先生の口癖「ほら見てみてコレ○○なの。すごいでしょ?」をしょっちゅう真似している。幼児教室並みの成果あり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

タイに行ったお土産にジャンパー子どもに買ってきた。(川股一治さん)5,800円

金銭感覚のズレ。暑い国のどこで売っていたかというと日本から進出しているデパートだそうなので、かえって高くついたに違いない。海外旅行で肌寒い国に出かけるタイのお金持ち向けの商品だったと思われる。「何でも安い気がした」という感覚で旅行を楽しんだとは言えるけど、子どもとしてはどうせならゲームソフトのほうが嬉しかったであろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

流通言語鑑定士 合格者速報

二段(準研究員) 阿部伸樹
二段(準研究員)昇段 糸井重里
初段(指導主任)昇段 石川貴浩
初段(指導主任) 泉浩人
初段(指導主任) 山辺仁美
1級(指導員) 榎本了一
1級(指導員) 大方直哉
1級(指導員) 藤本義一
2級(準指導員) 小笠原利行
2級(準指導員) 小原明男
2級(準指導員) 桂歌丸
2級(準指導員) 千葉なつ海
2級(準指導員) 八重樫あゆみ
2級(準指導員) 山口弘道
2級(準指導員)昇級 原田聖子
3級(普及主任) 岩井聖史
3級(普及主任) 及川英俊
3級(普及主任) 笹平拓
3級(普及主任) 鈴木洋
3級(普及員)昇級 服部尚樹
3級(普及員)昇級 林晶子
4級(普及員)昇級 阿部実結
4級(普及員)新任 河合純子
4級(普及員)昇級 鈴木多鶴子
4級(普及員) 細野一史
4級(普及員) 三田地道明
4級(普及員) 矢幅範子
4級(普及員)昇級 渡辺敬治
5級(準普及員)新任 及川利春
5級(準普及員) 木澤南生子
5級(準普及員)新任 小島良平
5級(準普及員) 杉山弘道
5級(準普及員)新任 元安倍真樹子
      日本流通言語鑑定士協会

| | コメント (6) | トラックバック (1)

それは生きがいを提供したね。で、コピーはあなたが書いてるの?(小島良平先生)1,350,000円

洒落たリアクション。酒の席で「四季亭DMできたら送って」と言われたので社交辞令だろうと構わずに18号を送付したら電話を頂いた。及川利春さんと結託して宇夫方先生をこの仕事でイラスト作家としてデビューさせて満6年。宇夫方先生はDM用に毎回56点描き、転用する箸袋やコースター、年賀状とかの著作使用料でもチリポリ稼いでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

牛乳より普通の水のほうが高かったりする。(糸井重里さん)55,000,000円

価値の例。「ほぼ日手帳」について朝日新聞be「スキっ!」で語るにあたり「文庫本のほうがメモ帳より安い」という感覚を補足した文章。機能・効能や希少性に伴う価値はわかりやすいけど、それ以外の価値も色々あり得る。私にはペットボトル入り東京の水道水500cc100円を55万本売る自信がある。ほぼ日手帳ならカバー付で1万セット売れて当然だと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

一人ひとりに「そんなコト考えてるのアナタだけだ」って言うのさ。(小笠原利行さん)160,000円

百姓一揆の予防策。テレビ朝日系「徹子の部屋」で黒柳さんが「この歳からでも剣道習おうかな」と言ったので関心。コトバの貯金箱のネタ候補と思った瞬間、ゲストの木村拓哉さんが「その髪型だと防具が入らないんじゃ…」とツッコミを入れた。内定だと小笠原事務所で話したら「そんなのつまんない」と封じ込められたので年貢を10表程度で納めます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

今回は本当に難しかったので、早く書かないと忘れそうだったので…。(浅子百合さん)21,000円

特急執筆の理由。電話取材を受けたのが前日18:00頃で「ざっくり何ですが原稿をまとめてみました」とメール入ったのが3:26、それをチェックして返信したのが5:54だった。なぜ自分で原稿書かないかというと忘れるから。私は試験の時に振動も避けて慎重に登校し「忘れる前に書かないと」と思っても書けなかった。私のギャラはトークに対してである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »