« どっちつかずのあなたへ(いしいひさいち先生)2,100円 | トップページ | 流通言語鑑定士 合格者速報 »

2006年6月 5日 (月)

どっちつかずというのは、どちらの側にもおもねらない、一匹狼のことだとか、第三の道を模索する実は良識のある人、というふうに屁理屈体質の私は昔から思っているのですが…。(庭師さん)1,000,000円

このブログに書き込まれたコメントまるごと。どっちかに属しながらぐだぐだぐだぐだぐだぐだぐだぐだと、どっちつかずのポーズを取る「ニセどっちつかず」は迷惑なだけだが、「真のどっちつかず」は潔い。昨日の本のタイトルの副題に「一匹狼が選ぶ第三の道」と添えればビジネス系の書籍として売れそう。その場合、内容よりも著者名が決め手。

|

« どっちつかずのあなたへ(いしいひさいち先生)2,100円 | トップページ | 流通言語鑑定士 合格者速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どっちつかずというのは、どちらの側にもおもねらない、一匹狼のことだとか、第三の道を模索する実は良識のある人、というふうに屁理屈体質の私は昔から思っているのですが…。(庭師さん)1,000,000円:

« どっちつかずのあなたへ(いしいひさいち先生)2,100円 | トップページ | 流通言語鑑定士 合格者速報 »