2019年1月17日 (木)

きのうもおとといもバトルのシーンがあって、翌日はたいてい廃人です。何も手につかないくらい疲れてしまう。(木村多江さん)3,105,610円

『後妻業(フジテレビ)』制作発表会見でのコメントをORICON NEWSから。主人公で“後妻業”の武内小夜子(木村佳乃)と対立する中瀬朋美(木村多江)の“W木村”による激しいケンカやつかみ合い、さらにはビンタ合戦などが見所で、「“脱薄幸感”というタイトルをつけていただきたいくらい」だそうだ。木村文乃さんも絡めばトリプルだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

私、有安杏果は2019年 音楽活動や写真活動などを通して表現し伝えていく活動を始めます。(有安杏果さん)3,702,101円

きっちり1年で復活。Twitterでのコメントをモデルプレスから。「充実した1年間を過ごしながら『これからの人生で何をしたいのか…』と自分の気持ちや心に、何度も素直に問いかけてきました。表現する人として、明日の生きる希望となるようなモノやココロをたくさんのみなさんに伝えたいと強く思いました」と個人事務所設立も発表したとのこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

決して誰かに主導権を渡すことなく自分の人生を自分らしく自由に生きてください。(美元さん)471,265円

新成人向けのメッセージをブログで。「間違えたことも 大切な人に心配や迷惑をかけたり 傷つけてしまったこともたくさんあります 嘘をつかれたり 裏切られたり 理不尽な思いもたくさんして『もう目を覚ましたくない』と思ったこともあります」とのこと。6年半ぶりのブログ再開は川谷絵音氏の『あっちゅーまやねん 人生』のMV出演がきっかけだそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

どんな感じなのかなと思ったんですけど、これはお芝居なのか、素なのか・・・境目が分からない感じだったので、未だに大森南朋さんがどんな方なのか掴めていない。(貫地谷しほりさん)45,100円

白秋役の大森南朋さんについて。『この道(監督/佐々部清)』の舞台挨拶でのコメントをLmaga.jpから。「私たちの仕事は、(現実に)無いお話をあるかのように伝えるんですが、もうひとつ、(実際の)歴史を知っていただくきっかけをお届けするのも、女優の役割だと思っています。この作品で、こういう歴史があるんだと知っていただければ」とPRしていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

“殺人”してみたいです。(宮崎理奈さん)1,100,563円

どんな役を演じてみたいかと聞かれて。ファースト写真集『だから、会いたくなる』発売記念イベントでのコメントをMANTAN WEBのから。「今までは可愛い役が多かったので……。人を殺すということをしたことがないので」「ちょっと前科を持ってみたいなと思います」。今後は「舞台を中心に女優業を続けていけたらなと思います」とのこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

今は、辛い物とチーズとタピオカにハマっています。特にタピオカと辛い物に対する欲が強いです(小芝風花さん)4,417円

『トクサツガガガ(NHK)』に出演絡みのザテレビジョンのインタビュー記事で。「ドラマの現場でも、激辛のカップ麺を食べたんですけど、なかなか求めている辛さにたどり着けない。もう少し、パンチの効いた辛さが欲しいなと思っているんです」「プルダックポックンミョンという炒め麺があるんですけど、これがものすごく辛いんですよ」だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

モデルの仕事も肥やしにし、絵描きとして少しでも銭湯の力になれたらと思います。(勝海麻衣さん)1,018円

銭湯絵師の修行をする現役モデルが岩手日報『時の人』に登場。武蔵野美術大で舞台背景画を学び、現在は東京芸大大学院在籍。「私が手掛けてきた舞台背景画は暗い絵が多く、黒色を使う習慣が身に付いてしまっていて。お客さんにリラックスしてもらう銭湯絵は鮮やかに、爽快に。日々勉強です」だそうだ。私は23歳まで銭湯通い、壁画はタイル画だった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

«例えば、美術館でよく目にするギリシャ神話の神々や天使たち そして名もなき裸婦は何も隠さない全裸であっても その姿は心を揺さぶる感動と神々しさしかない光景です。(叶美香さん)2,494,785円